( A-7D  ⇒ F-16C/D ⇒ MQ-9 )
Tail Marking Collection
( A-10  ⇒ F-16C/D ⇒ Nothing )
( F-4E  ⇒ F-16C/D  )
( A-7D  ⇒ F-16C/D ⇒ F-22 )
( F-4D  ⇒ F-16C/D  )
( A-7D  ⇒ F-16C/D ⇒ KC-135E )
( F-4D  ⇒ F-16A/B ⇒ F-16C/D ⇒ Nothing )
( A-7D ⇒ F-16C/D )
( F-106 ⇒ F-16A ADF ⇒ F-16C/D )
( A-10 ⇒ F-16A/B ⇒ F-16C/D ⇒ MQ-9 )
( F-102 ⇒ F-16A/B ⇒ F-16C/D )
( A-7D ⇒ F-16A ADF ⇒ C-130 )
( A-7D ⇒ F-16C/D ⇒ Nothing )
( F-4C ⇒ F-16A/B ⇒ F-16C/D )
( F-4D ⇒ F-16A ADF ⇒ F-16C/D ⇒ F-15C )
( A-7D ⇒ F-16C/D  )
( F-4E ⇒ F-16C/D ⇒ A-10 )
Minnesota ANG  148th FW
419th FW /Utah
906th FG / Ohio
944th FG / Arizona
Alabama ANG  187th FW
South Dakota ANG  114th FW
AIR  NATIONAL  GUARD
New York ANG  174th FW
New Jersey ANG  177th FW
Ohio ANG  178th FW
Ohio ANG  180th FW
California ANG  144th FW
Iowa ANG  132nd FW
South Carolina ANG  169th FW
Indiana ANG  181th FW
Iowa ANG  185th FW
Kansas ANG  184th FG
Illinios ANG  182th FG
Oklahoma ANG  138th FW
Created by N.O.B
AIR  FORCE  RESERVE  COMMAND
( F-4D  ⇒ F-16A  ⇒  Nothing )
( F-4E  ⇒ F-16C/D  )
( F-4C  ⇒ F-16A/B ⇒ F-16C ⇒ A-10 )
( F-4D  ⇒ F-16A/B ⇒ F-16C/D ⇒ B-1B )
( F-4E  ⇒ F-16C/D ⇒ RQ-4 )
( A-7D ⇒ F-16C/D ⇒ MQ-1 )
( F-4D ⇒ F-16A/B ⇒ F-15A )
( A-7D ⇒ F-16A/B ⇒ F-16C/D )
( F-4D ⇒ F-16A/B ⇒ F-16C/D  )
( F-4D ⇒ F-16A ADF ⇒ F-16C/D )
( A-7D ⇒ F-16C/D )
( F-106 ⇒ F-16A/B ADF ⇒ F-15A/B )
( F-106⇒ F-16A ADF ⇒ F-16C ⇒ F-15C )
924th FG / Texaa
301st FW /Texas
Arkansas ANG  188th FW
F-16のマーキングで 最も興味深いのが、アメリカの州兵航空隊(ANG)である。メジャーコマンド(ACC)などの御下がりを貰いがちの予備役部隊ではあるが、それゆえ第一線部隊の硬さがなく 尾翼を大きなキャンバスにして 大胆なマーキングを施していたケースが多い。航空機撮影マニアにとっては 美味しいターゲットである。州兵航空隊(一般的には、州空軍と呼ぶ)には、多いときには3個0を越えるF-16の飛行隊が 存在したことがあり それぞれ個性豊かなマーキングを施してあった。下は、部隊番号の若い順で並べてみたが まだ未作成の欄は、今後埋めていく。(・・・F-16・・・)は、F-16が配備される前に使っていた機種と 部隊によっては F-16を手放した後の後継機種)を表記しており 必ずしも最新の情報ではない。
North Dakota ANG  119th FW

New York ANG  107th FG

2004年11月から このページでF-16が配備されたアメリカ空軍の航空団 または飛行隊の様々なテールマーキングをご紹介し始めた。時間の都合と作者(私)の気まぐれにより 順番などは関係なく逐一完成したものから UPしてきた。やはりバラエティ豊かなアメリカ州空軍のマーキングに触手が動き、先に作成したため、それが中心になってしまっている。ANGのF-16部隊も 時にテールマーキングが大きく変更されてきたし、既に解散して存在しないものも多くなったが こういうデザインが過去存在したというだけ記録しておくのも面白いかもしれない。以前作成したものは、作成技術も最近のものより落ちるのでみすぼらしく見えてしまうが ご勘弁いただきたい。今後も古いもの新しいもの混在で 過去施されたマーキングを出来るだけ紹介していきたいと思う。部隊によっては、現在すでに解散したものも新規に作成して収録していくので 現状の部隊編成などを調べたい方は、F-16.netや別途専門誌などを参照されたい。では ゆっくりお楽しみください・・
( F-4E  ⇒ F-16A/B ⇒ F-16C/D ⇒ A-10 )
( F-4D  ⇒ F-16A/B ⇒ KC-135R )
( F-105D  ⇒ F-16C/D ⇒ F-35A )
( F-4D  ⇒ F-16C/D ⇒ KC-135E )
( OA-37B  ⇒ F-16A/B ⇒ C-130E )
( F-4D ⇒ F-16A/B ⇒ F-16C/D ⇒ MQ-1B )
( A-7D  ⇒ F-16C/D ⇒ A-10 )
Michigan ANG  127th FW
( F-4D ⇒ F-16A/B ⇒C-21A )
( A-10A ⇒ F-16C/D  )
( A-7D ⇒ F-16C/D )
( F-4D ⇒ F-16A/BF16C/D ⇒C-38 C-40 )

( F-4D ⇒ F-16A/B ⇒KC135R ) 

507th FG / Oklahoma
926th FG / Louisiana
482th FW / Florida
Virginia ANG  192th FW
Michigan ANG  191th FG

とても凝っているスペシャルマーキングなので 看板としてここにUPしますが 黒豹を尾翼に描いていたオハイオ州空軍178th FW/ 162th FSのラストフライトを記念して施されたものである。WWU時代にP-51を使っていた部隊で その頃の塗装をF-16Cに再現したものである。この部隊も現在は、MQ-1 リーパーを扱う無人機運用部隊になっている。

( C-141  ⇒ F-16C/D  ⇒ Nothing  )
HOME
Illinios ANG  183rd FW
Texas ANG  149th FW
New Mexico ANG  150th FW
Puerto Rico ANG  156th FW
Vermont ANG  158th FW
Arizona ANG  162nd FW
Oregon ANG  173rd FW
Coloado ANG  140th FW
Texas ANG  147th FW
Florida ANG  125th FW
Indian ANG  122nd FW
Montana ANG  120th FW
Wisconsin ANG  115th FW
Maryland ANG  113rd FW