F-16's Page

Part-16

2012年301st FS(第301戦闘機中隊)の創設40周年記念のスペシャルマーキング F-105 F-4 F-16の歴代使用機のシルエットと40周年の文字が書き込まれた。

テキサス州フォートワース基地を本拠地とする予備役戦闘機部隊で 尾翼には”TX”のテールレターとテキサス州旗 それに牛の頭骨などがテキサス州の機体とすぐ分かるように誇らしげに書き込まれている。この飛行隊 太平洋戦争末期の1944年に創設されP-47Nと言うサンダーボルト戦闘機の長距離型を用いて日本に向かうB-29の護衛をしていたそうである。また戦後しばらくは、沖縄に駐留していたそうであるから、歴史的に我々とも関係の深い部隊なのだ。

 冷戦時代は、カッズウェル空軍基地でF-105D(TH)を運用する予備役飛行隊となり サンダーチーフの後は、F-4D,Eに機種更新してF-16Cに至る。THのレターを付けたF-105は、当HPのF-105欄でも紹介させていただいた。予備役飛行隊ではあるが1993年に、砂漠の盾作戦でイタリアのアビアーノ基地に展開 実戦的な任務にも何度か就いている。

テキサスには元々2つの予備役飛行隊があり もう一方の704thFS(Outlows)が、「TX」のテールレターを使っていた為 301stFSは、部隊名テキサス・ファルコンズの頭文字「TF」を使っていたが、704飛行中隊の解散後 テキサス全体をも示す「TX]に変更した。

NEXT
click here
HOME

301th FW 傘下の457th FSは、部隊名”Spads”。1991年からF-16Cblock-25を受領して それまで使っていたF-4Eを更新した。1993年にカーズウェル空軍基地が閉鎖となってからNASフォートワースに移動 1996年からF-16CのBlock-30に変更。次ページでご紹介するもう一つの予備役戦闘機中隊704th FSの解散と共に「TX」のテールレターに切り替えた。

Wings