Page-8
F-22  Rapter
HOME
Wings
2013年1月12日 アメリカ空軍は、来週半ばよりF-22 12機を約4ヵ月の期間 嘉手納基地に配備する発表した。所属は、バージニア州ラングレー空軍基地の部隊で 約300人のスタッフとともに4月下旬までの間とされていた。アジア太平洋地域に最新鋭機を配備すると発表したカーター国防次官の言葉通り F-22は、1月14日嘉手納に最初の9機が到着し 7回目の派遣が行われた。7回目ともなると マニアの注目度も下がり あまり関心も高くなかったが 尖閣問題や半島北で騒ぐ坊っちゃん皇帝の国の関係で F-22の配備は、この時期一般的には歓迎ムードであった。
 私は、特に”FF”のF-22を撮りに わざわざ嘉手納に行くほどF-22に魅力を感じているわけではないが たまたま帰国休暇のタイミングとVP-45のマーキングが撮りたい思いで 嘉手納行を決行した。
 わた
米韓訓練の関係で 北朝鮮が騒がしいとのことで 韓国に遠征していたF-22 2機。3012年4月4日 夕方嘉手納に戻ってきた。
 道の駅からは、嘉手納に何機いるのかは、当然確認できない。毎日 フライトのたびに番号をチェックして シリアルをメモしておかないと 12機飛来と言っても 本当に12機いるかどうかは保証の限りでない。
朝鮮半島から戻って来た2機のF-22、朝からの曇り空、午後数時間晴れ渡った時間に フォーメーションでオーバーヘッド、R/W23 Rightでの着陸。この月 嘉手納は、90メートル幅の北側ランウェイが工事でクローズ、降りは的が絞れて便利であった。
この時の米韓演習は、”フォールイーグル”と呼ばれた演習で 嘉手納からは、3月31日にこの2機が派遣されていた。このほか グアムからは、B-2も派遣され おそらくは、夜の内に北朝鮮上空まで進入して ステルス性能を生かした活動を充分行ったのだろうと 勝手に想像している。
今回飛来の機体 尾翼のチップに”SPADS"の文字が ほとんど入っていたので 第94戦闘機中隊の所属のものであろう。”SPADS”とは、 スパッド戦闘機のこと。ご存じの通り 第一次世界大戦時のフランスの名戦闘機で ブレリオ・スパッド社製の複葉機。ちなみに”SPAD”という社名は、フランス語で”Societe Pour Aviation et ses Derives”の略で 単なる「航空機及び関連製品株式会社」の意味 後にブレリオ社に統合されて ブレリオ・スパッド社となった。
では 何故F-22にスパッド戦闘機の名前が書かれているのか・・・この辺になると 第94戦闘機中隊の歴史に関連することは、間違いない。94th FSがアメリカ空軍(当時陸軍航空隊)でも もっとも古い飛行隊になることから この部隊が第一次大戦で スパッド戦闘機を用いて活躍した飛行隊であることが 容易に想像できる。
第一次大戦中のアメリカは、まだ イギリス・フランスに比べ工業技術が劣っていたので 戦闘機の輸入も盛んであった、スパッド戦闘機は、日本も輸入したが アメリカ陸軍航空隊は、180機余りも輸入しヨーロッパ戦線で活躍している。第94飛行隊もスパッドを使用した飛行隊で 同飛行隊では、スパッドZのリッケンバーガー大尉がエースとなり ニューポールに乗ったダグラス・キャンベル中尉も6機撃墜のエースと記録されている。当時の機体には胴体にハットインリンクが書かれていた。
それまでドイツ帝国のアルバトルスによって空戦は、不利な展開を強いられていたが スパッドやキャメルの登場で連合軍側に勝利が再びやって来たと言われている。であるから この部隊にとってSPADSは、特別な意味を持つ。
今回 嘉手納に飛来したF-22は、以下の機体であった。08-4152、08-4158、08-4166、08-4168、08-4169、FF-171、09-4173、09-4181、09-4187、09-4191、94thFS(シリアル不明)の12機。
薄くてよーく見ないと判らない尾翼チップのラインと”SPADS"の文字
3月4日は、撮影を終えてホテルで見ていたところ 本日はF-22の緊急着陸があったとの事。原因は、燃料漏れだそうで。 そう言えば本日 大量の燃料を投棄しながら降りてくる機体があった。写真を良く見ると 捨てているのではなく「漏れていたのだ」 航空燃料は、灯油のように引火力が低く 比較的安全な液体であるが これだけ量を出していると早めの処置が必要だろう。F-22
当初 4か月と言われた派遣期間であったが 4月末になっても帰国せずに嘉手納にしばらく常駐することとなった、フライト数は少なくなったそうであるが2013年6-7月に掛けて再び活発に活動を開始 部隊とパイロットは入れ替わっているようである。本土では、2飛行隊の内予算削減のあおりで 1飛行隊が飛行停止の状態であり 比較的予算制約の少ない極東での訓練で練度の低下を回避しているとの事。
click here
NEXT