F/A-22 Raptor
Wings
F-22とF-23が将来戦闘機の候補として比較検討されている頃、はっきり言ってどちらも美しいとは言いがたい形状で 好きになれない戦闘機だった。F-22のほうがまだ現実的な形をしていたので F-22採用決定の時は少し安心したが これから先こんな形状の飛行機しか撮れないのかと思うと憂つな気分だった。しかし ステルス技術の発展は目覚しく すっかりF-15やF-16を過去の戦闘機にしてしまったからすごい。エルメンドルフでF-22の飛行を見てから さらにこの戦闘機のすごさを実感するようになった。まだ これからの機体であるが 最近の写真から紹介していきましょう。(2007/2/20)
タキシングするF-22を斜め正面から撮影したもので ラプターも正面から見ると かなり魅力のある形状だ。ステルス機の特徴である胴体上部と下部の境が鳥の口ばしのようなところから 猛禽と言うネーミングも頷ける。私的には、ジュラ紀の翼竜プテラノドンに似ていると思うのだが・・・
タキシーの一連の写真で F-22が真横から見ると いかにも不細工な形状であるか(個人的見解) 分かりますか?写真を撮るなら 少し手前か送り気味のほうが まだ絵になります。真横から レーダー波を当てた場合 まっすぐ反射する面がほとんど無いように 機体のあらゆる部分に傾斜がかかっている。
馬鹿でかい推力を持つ2つの新型エンジンと可変式のノズルによって この機体は従来の戦闘機では考えられないような曲技飛行も可能である。主翼は、しんなり外側にしなっているような形状。塗装はレーダー反射を抑えた特殊塗料を使っているので 従来の戦闘機のような派手なマーキングが登場することは少ないと想像する。それを考えても 写真撮影に悲観的になってしまう。
デモフライトの為 テイクオフしたF-22。この後 急上昇したかと思いきや地上200メートル位の所で迎え角60°程度の姿勢のままで空中停止、ハリアーのようにじっと空中に浮いていた。そして しばらくして 機首を下げて水平になるや 推力をつけてゆっくり前進である。普通の飛行機なら この時点で浮力を失って失速であるが こいつは機体を水平に保ったまま ほとんど速度も無いのに浮いている。可変ノズルと馬鹿デカイ推力のエンジンがなせる業である。デモフライトの間中 飛行機らしかなぬ奇異な飛び方ばかりしていたので 最後に行った通常のローパスなどがかえって新鮮に感じられた。
地上展示されたF-22(OT-015)、ともに第422試験飛行評価隊の所属である。エグリンの第53航空団の傘下にあるが 本拠地はネリス空軍基地で そこに常駐している。
(Aug,2006)
ラプターの胴体左右にある兵装庫 増装タンクやミサイルのラックなどがレーダー波をよく反射することから極力ミサイルも胴体に収容し 必要な時だけ短い時間でミサイルを放出しようと言う思想から設計されている。2007年に嘉手納を訪れたF-22は、着陸時にここを空けたままで降りているが 普段ではありえないことだろう。増装タンクも長距離展開する際だけで 戦闘時はレーダー波の反射を避けるためつけないのが原則らしい。
飛行機らしからぬ変な飛び方をするF-22は、特にデモ飛行の際 F-15などに比べ ベーパーが出やすい。湿度が高いと飛行中ずっとベーパーが機体にまとわり付いているように感じる。
 バージニア州ラングレー空軍基地の1st FWについで アラスカに配備されるF-22の1号機(AK05-087)は、2007年2月12日にロールアウトしており いよいよPACAFもF-22の時代に突入した。(2007/7/8)
エドワーズ空軍基地の空軍飛行テストセンター412th TW 411th FLTS所属のF-22A(96-4002)。試作YF-22Aも含めると通算7号機となる機体であるが 実際に空軍テストセンターに引き渡され本格的な運用テストを始めた最初のF-22Aに相当する。
NEXT
click here
(2006)
”Green Bats"
HOME