KC-135R
Page-2
Wings

121st ARW 166th ARS

カンサス州マッコウネル空軍基地から来たKC-135R。尾翼は「McCONNEL」と書かれているだけのあっさりしたマーキング。2012年10月に嘉手納には、この航空団の機体が2機きており 盛んにフライトしていた。
所属は、第22給油航空団でこの航空団傘下には、3個の給油飛行隊があり大所帯である。
3個の飛行隊共に第2次大戦時から爆撃中隊として活躍していた有名な部隊で ルーマニアのプロエスチ油田のB-24による爆撃行にも参加している。冷戦時機もB-47を有する爆撃航空団であっただけに、核報復力の要として航空団の規模は大きいまま給油航空団に変更されたため大所帯のままである。第344、349、350の3個給油飛行隊(中隊)の内2022年現在 344th ARSは、新鋭のKC-46Aに更新されている。
これはちょっと珍しい来客 オハイオ州空軍(ANG)の121st ARWのKC-135R。第166給油中隊の前身は、カルフォルニア州ハミルトン・フィールドで1942年に創設された第364戦闘機中隊で主にヨーロッパ戦線で戦っている。戦後 第166戦闘機中隊に改名され現在の本拠地オハイオをベースに活動、戦闘機のジェット化に伴い F-84〜F-100〜A-7Dと戦闘機部隊として活動したが、1993年からKC-135Rを受領して給油飛行隊となっている。
↑ 場所が変わって オーサン空軍基地に展示されたハワイ州空軍 のKC-135R。157th WG傘下の203rd ARS(2012)
2012年10月4日  13:51

22nd ARW

2012年10月4日  11:51
↓ 下写真は、年が異なり2014年4月10日撮影のもの。
2012年10月20日 16:24 
HOME
NEXT
click here

203d ARS

ハワイを拠点に置く 第154航空団傘下の給油部隊である。154th WGWGは、F-22、C-17A、KC-135Rなど幅広い分野の航空機を有し 州空軍とPACAFの役割を兼任している航空団として異色の存在である。ここの飛行隊のシンシグニアは、ハワイの民族衣装や武者など伝統的なデザインを取り入れ美しい。沖縄嘉手納にもたびたび来る飛行隊ではあるが、私は、あまりシャッターチャンスに恵まれない。朝鮮半島のオーサン基地で撮影したKC-135RをUPする。

203d ARSは、アメリカ空軍の中部太平洋方面の空中給油能力向上の為、1993年に創設された給油飛行隊で最初からKC-135Rを使用している。インシグニアに書かれたハワイ現地語の ”A' OLE MAMAOLOA"とは、「遠くはないぜ!」と言う意味らしい。

尾翼チップに赤いライン「OHIO」の文字の両側は、インディアンの斧が書かれている。オハイオ州リッケンバーガー空軍基地を本拠地とする。1990年代前半まで 攻撃機A-7Dを配備された戦闘航空団だった。
2012年10月3日  14:09