KC-135は、A型だけで730機余りも造られ、B型、F型、Q型などを入れれば800機を超える生産をされた航空機である。何故 アメリカ空軍はここまで空中給油機を必要としたのだろうか?・・・その答えは、冷戦時代における核による相互確証破壊と関係がある。アメリカ軍はソ連に対抗する核戦力として 大陸弾弾道ミサイル、戦略ミサイル潜水艦群の他に B-47~B-52に至る戦略爆撃機隊の3つの手段を持っていたが、核ミサイルは、発射したら呼び戻すことができない。その点 唯一最後の確認で引き返すことが可能なのが戦略爆撃機部隊であった。其の為には、長い時間の空中警戒待機と敵地まで行く為、引き上げる為の給油手段が必要だったのである。つまり KC-135は、700機以上も造られたB-52とセットで運用するために整備され 同じSACに所属させて運用したわけである。1968年までは、世界のどこかの空に核爆弾を積んだB-52が常に飛んでおり それをサポートするKC-135Aが寄り添っていたはずだ。(2022/4 記)
Wings
↑ 1978年10月嘉手納R/W05に着陸する376th SWのKC-135A(62-3559)、1968年の核パロトール終了までB-52との運用が主であった為 1992年の組織改編までSAC(戦略空軍)の所属として運用されていた。
↑ KC-135A(60-0355) A型からQ型へ 再びT型へ変更され 2016年にはマクディルAFBの所属機として確認されている。
↑ SACバンドにSACのインシグニア。冷戦時代は、SACが核戦力の3本柱の一つだったためこのマークを付けた航空機を撮るのは、危険を伴う行為であった。但し、嘉手納のKC-135Aだけは、気軽に撮ることのできたSACマークを付きの航空機だった。
↑ 1978年嘉手納で飛行訓練するKC-135A(61-0316)。この機体は、1962年8月22日に初飛行以来 1985年3月19日エジプトのカイロ国際空港で火災により喪失している。但し 主翼は、他のKC-135に流用されたらしい。
↑ この機体KC-135A(60-0344)は、1984年ぐらいまでは、嘉手納にいたようで その後SR-71給油用のQ型の改装後 再び元に戻され通常のT型として登録されている。
(63-8012)
↑ KC-135A(62-3544)、この機体は、後にニュージャジー州空軍所属となり 尾翼に虎模様を入れたことからマーキングで有名となった機体である。
↑ KC-135A (59-1510) R型に改装後 最近ではマクディルAFBの所属で嘉手納にも飛来していたようである。
HOME
NEXT
click here
↑ KC-135A(63-8871) この機体も1988年エンジン換装でR型になり Grissom AFBの305th ARWへ移動している。