Page-3
MC-130
HOME
Wings
2011年から 機首にマーキングを施したMC-130P(69-5382)、蝙蝠の羽をつけた髑髏が給油用のブームパケットを咥えて飛んでいる図柄である。2012/4/5 嘉手納で撮影
2013年10月3日 嘉手納を離陸する2機のMC-130H コンバット・タロン。この日だけでMC-130Hが2機とMC-130Nが3機 計5機もの機体が台風非難で横田方面に避難していった。撮れないときには、全く撮れない機体 蝙蝠のような任務から夜行動することが多いため 日中に日が当って飛んでいる蝙蝠が居ないのと同じで撮りにくい機体なのである。
MC-130H (90-0162)
MC-130H (83-1212)
以前は、機首にグースと髑髏のシルエットを入れていた機体である。353rd SOG/1st SOS所属。新型の空中給油ポッドを装着している。
TThe 353rd Special Operations Group is the focal point for all U.S. Air Force special operations activities throughout the U.S. Pacific Command theater. The group is comprised of more than 750 Airmen and home-based at Kadena Air Base, Japan. It is the only Air Force Special Operations unit in the Pacific.

The 353rd SOG is prepared to conduct a variety of high-priority, low-visibility missions. Its mission is air support of joint and allied special operations forces in the Pacific. It maintains a worldwide mobility commitment, participates in Pacific theater exercises as directed and supports humanitarian and relief operations.
MC-130H (89-0280) 353rd SOG/1st SOS
MC-130N (69-5382) 353rd SOG/17th SOS
MC-130P (66-0220)
MC-130N (69-5826)
click here
NEXT