コロナ禍によって1年以上も行けなかった嘉手納基地、2021年5月漸く遠征の機会を得て行ってみる事に。朝早くから迎えてくれたのが、このRC-135Wであった。9年ぶりに会った”OF-126”RC-135W(62-4126)
RC-135
V&W Page-5
2019年5月、トランプとの数回の交渉で北の若将軍様は、アメリカを自分の思うままに動かせると勘違いしたようだが、核を保持したまま欧米列国に制裁を緩めてもらえるなどと本気で思っていたのだろうか。少なくとも、それまでの米国の対応や南キムチ国、その他周辺国とのやり方から少しずつ自分のペースに巻き込めると踏んでいたのだろうが、2019年2月のハノイでの米朝階段の決裂は相当ショックだったようだ。トランプもそれまでの読みが浅く、全く進展がないのも予想外であっただろうが、ここで変に妥協してしまえば本当のバカ統領になってしまう為、思いっきり尻巻って 帰国してしまったものだから、意外な展開にロケットマンも泡食ったようだ。そのうっぷん晴らしとばかりに小型のミサイルを花火のごとく日本海に放って沖縄の米軍も調査に忙しい。RC-135V/Wも嘉手納をお留守にできないようだ。 
2019年5月14日 朝寝坊して出かけるときに ホテルから見えたRC-135の離陸。番号聞いたら62-4125 RC-135Wではないですか・・・運よく早めに帰ってきてくれたので 何とか撮影できた。
↑このRC-135V 63-9792は、リエンジン後初めて嘉手納に飛来したRC-135でもあり 当時は注目された機体だった。
2019年11月 ネリス空軍基地に展示されたRC-135W 62-4135.
撮影行2日目の朝 もう1機のRC-135Wが離陸に向かいタキシング。嘉手納はこの季節 風向きがR/W23 天気が良ければ最高の撮影環境だ。RCの後ろには、今日1日を共にする18th WG KC-135Rが、後を追う。↓
どこかで見たような番号だが、そうだ・・2019年にネリスに展示されたRC-135W(61-4135)である。RCの仕事開始は毎回早朝・・・ご苦労様。
(2021/5)
HOME
NEXT
click here