SR-71 Blackbird
Page-2
1978年10月嘉手納でタッチアンドゴーを繰り返すSR-71A(61-7967)、尾翼には、1st SRSを示す”1”の文字が赤で描かれている。200oの単焦点レンズで撮影した嘉手納基地ランウェイ05/Rightの着陸であるが 超望遠レンズを使わずとも背中が見えるということは 如何に戦闘機並みの軽快な切り込み旋回を行っているかがお分かりであろう。それまでGCAでまっすぐ着陸する姿しか見て来なかった私にとって大きな驚きであった。

Buzz Rickson’s

上の写真は、すべて1978年10月の嘉手納R/W05での写真である。午前中小一時間の間に何度もタッチアンドゴーを繰り返すSR-71、それまでワンチャンスの着陸シーンしか撮れる機会がなかったが ずいぶん贅沢な時間をもらった。オーバーヘッドからR/W05に右旋回で回り込んでランディングする姿は、F-5Eのように切れ味が良かった。

Wings
私にとってSR-71Aブラックバードを撮ることのできた期間は、1977年〜1979年に嘉手納に通った学生時代の3年間だけだった。しかし Beal AFBの9th SRWから嘉手納の.第1分遣隊(Det-2)が展開してくれており SR-71A3機が常に常駐体制にあったため 1週間もいれば少なくとも2〜3回は、訓練フライトを目にすることができた。当時SR-71Aは、ビール空軍基地の9th SRW傘下の1st SRSに集中配備されていたので 1978年からは、1st SRSを意味する”1”の赤い文字が尾翼に入り この文字にHABU(ハブ)が巻きついている機体もいてマーキングにも変化があり面白かった。1980年以降も嘉手納で撮影ができていれば もっと様々なマーキングを撮ることができただろうが 私もいつまでも学生をやっているわけにもいかず就職後は、嘉手納へ行く機会もなくなり 時代の流れとともにSR-71も消えて行ってしまった。st
HOME
嘉手納上空をパスするSR-71A。