T-38's Page
-U
Wings
タロンとは、猛禽類の爪ののことである。猛禽類はご存知の通り獲物を仕留める時 くちばしではなく 強力な爪の力で殺すところから強力な武器を表すが この華奢な機体にはしっくり行かない。-38(猛鳥のつめ)開発は1950年代にさかのぼるJ-85というGE製の軽いエンジンを搭載した戦闘機開発(F-5Aの原型N-156F)を提案していたノースロップ社は、それがぜんぜん米空軍に受け入れられないのを悟り 練習機(N-156T)として提案しなおしたことから話がスタートした。当時空軍はF-100からスタートした重戦闘機時代に突入しており軽戦闘機には興味なし。当時T-33が練習機の主力、設計の完成は19581月。19594月にエドワーズAFBで原型1号機が進空。T-38は、飛行特性に優れ 操縦しやすく また多種の任務をこなすことができる実に使いやすい飛行機であった。エンジンはアフターバーナー付のJ-85−GE-51960年には会計予算で完全生産機50機が承認され生産された。1961年にテキサス州ランドルフAFBの3510TFTWに1号機が配備。1958年から1970年まで(会計年度)の生産機数は、1141機。後席は前席より25cm高くなって教官の視野を確保できる。T-38Bは、演習用の爆弾、機銃ポッドを搭載できる型。1970年代に100機程度が、改造された。
空軍の訓練部隊は、陸軍航空隊時代から名残でテキサス州を拠点にしてきた。訓練航空軍団の中核をなす第19空軍は、テキサス州ランドルフ空軍基地に司令部を持ち ほとんどの飛行訓練航空団が 第19空軍の傘下にある。右の写真は1990年代まで使われていたホワイト色のT-38Bで 今ではすっかり姿を消したもの。”CB”のレターは、第19空軍 第14戦闘訓練航空団所属機で ミシシッピー州コロンバス空軍基地のものである。コロンバスAFBには、T-37B、AT-38B、T-1Aなどを装備する訓練飛行隊4個が存在していた。
HOME