U-2's Page
Wings
Page-11

当初2011年に引退を予定していたU-2Sであるが、SYERSも含めそのシステムをグローバルホークに移植しても 無人機ではどうしてもカバーできない何かがあったのだろう(またSYERSは、 スパイ衛星ORS-1などにも搭載されている)、予定から6年経った2017年にもU-2はこのように活躍しているのだから。ロッキード社は2045年までU-2を飛ばすことが可能としている。まだまだ 撮れるかもしれない・・・

機首の下の丸いガラス版がこのSYERS(Senior Year Electro Optical Reconnaisance System)の目である。SYERSは、サイアーズと呼ぶが優秀な光学センサーで雲や霧などよけいな情報をカットしながら 敵領土の見たい部分を見ることが可能だ。サイアーズは、赤外線赤外線センサー機能も有し カムフラージュで隠された車両を正確にとらえることもできるため 北朝鮮の移動式ミサイル発射機を探る上でも有効である。

2017年7月6日と7日の両日は、U-2ファンにとって一喜一憂する2日間であった。何せ 風は南風、その中で4機ものU-2Sがオーサンへ戻るというのであるから U-2ファンだけでなく 地元の航空マニアも目の前を転がるであろうU-2Sをイメージして このチャンスを逃すまいと必死にラジオに耳を傾けた。丁度 コロラドのF-16部隊が嘉手納展開している時期であったため 本土から来たマニアは、限られた休暇でU-2を狙うか F-16を狙うかで迷う人も多かったはずである。両者の撮影タイミングが重なった場合、多くの航空ファンがU-2を優先したようである。それだけ 魅力的な機体なのだ。私もマニアの端くれとして、まだ撮れていないBB-092とキノコをつけているであろうBB-074を逃すわけにはいかない。F-16の動きを気にしながらも U-2Sを逃すまいと神経を使った。

さて BB-084とBB-069が帰投したので 7月7日は、キノコを乗せたBB-066とまだ見ていないBB-074が出てくるはずである。内1機は、朝早く飛ぶだろうと勝手に予想を立てて 朝6時にはスタンバイした。BB-074の機首には、”SYERS”と呼ばれる電子光学センサーがついているはずである。しかもBB-074は、私は今まで撮ったことの無い機番である。

このBB-069は、当初のBB-092同様 予備機材らしくミッションにほとんど使われなかったようなので 飛び立つまでBB-069とは誰も知らなかった。7月6日 朝からノーズコーンを運んだ、パイロットが機体に向かった、スタッフの動きが慌ただしいなど 情報が入り乱れていた。結局 コロラドのF-16の午後のフライトが終わっても U-2の離陸はなかった。いよいよクリアランスが出たとき なんと風は、R/W05に変わっていた。

HOME

7月6日夕方まで 飛ぶ飛ばないでマニアを奔走させたBB-069(80-1069)、当初来ていたBB-092と地元マニアも知らない内に入れ替わっていたのだ。

U-2Sよ・・・また 是非日本をベースに活動してくれ! 我々マニアは、心待ちに君を待っているよ・・・Good by U-2S and Definitely please come back to Japan again sometime !!!

R/W05では、離陸撮影にあまり望みはない。なにせU-2の離陸は高いはずだからだ。嘉手納のマニア諸氏の一部は、砂辺まで行って国道から姿を見ようと試みていたが、なんと 離陸のスタート位置は、R/Wブラボーから・・・・16:08テイクオフである。噂通り 7月6日当日2機がオーサンへ帰った。翌7月7日に残りが帰るはずである。

7月7日08:43 朝6時から待っていたのに 朝寝坊なU-2Sである。おっとり刀で出てきた。