Wings
U-2's Page
-V
ロッキード社のケリージョンソンが率いる航空機開発チーム”スカンクワークス”で開発され 1955年8月1日に初飛行したU-2も その後発展の過程を踏んで 2005年8月に50周年を迎えた。第9戦略偵察航空団のあるカルフォルニア州ビール空軍基地では50周年のセレモニーが行われたようだが 同時にU-2の時代も終焉を迎えようとしている。無人偵察機グローバルホークに取って代わる時代が来るのだ。偵察衛星の技術が進歩し ゴルフボール代の小さなものでも撮影が可能な現在でも 航空機による偵察が必要なのは、戦場ではジャストタイムでの情報収集が欠かせないせいであろう。また 毎日 同じコースを同じ時間に通過する偵察衛星では、撮られる側も秘匿行動などの対応が容易である。最近では中国ですら 衛星の迎撃実験に成功しており地上からのミサイルで破壊される可能性も高くなった。1991年の湾岸戦争 イラク戦争でもU-2Sの役割は大きく 米軍が本格攻撃を開始する以前から3000時間近い偵察飛行を行い綿密にイラクの軍事施設の情報収集をしている。有人偵察機の被撃墜危険性は高い為 無人のグローバルホークへの転換は自然かもしれない。ビール空軍基地には すでに”BB”のレターを付けた機体が数機存在する。いよいよ 長い歴史を持つU-2も引退に近づくが 昨年も横田基地の公開時展示されており しばらくの間はU-2を見ることが出来るだろう。(2007/3/10)
モジュールと言う言葉をよく耳にする。特に電子機器などで 基本ユニットの構成に追加ユニットを組み合わせることで 多機能多種の生産を可能にする方法である。パソコンが正にモジュール製品の代表的なものかもしれないが タワーと呼ばれるBoxに様々な機番を入れることにより構成を変えて 機能を追加したり 進化させることが出来るわけである。U-2もそう言う思想で設計されていて よく鼻の長いU-2や背中にこぶをつけたU-2を見るが どれもがユニットのくみ上げにより 目的にあわせて取り付けられるのである。
 鼻の長いU−2は、ASARSと呼ばれるユニットをつけたやつで レイセオン社が開発したレーダーだ。機体左右1の地上を160kmに渡り舐めるように捉えるセンサーが付いている。これを自動的に本部に送信してリアルタイムに敵地の情報を掴むことが出来るのである。背中にこぶのようにポッドをつけたものは 衛星とのデータリンクが出来るユニットであり これまた複数の衛星を使って 地球の反対側の地上にあるデータ処理施設に情報を送れるものなのだ。 
厚木基地で公開終了後 すぐにハンガーに格納されるU-2S(80-1085)本拠地であるカルフォルニア州ビール空軍基地から韓国オーサン空軍基地に派遣されている9thBW 5thBS所属。やはり 厚木基地の米軍スタッフからしても 要請して来てくれた機体の中では VIP級の扱いをする。
U-2S (68-10331)
エンジンの排出口カバーには、"黒猫”マークが、尾翼にも機種にもかかれていなくても どこかに台湾の陳中尉が考案したこの”Black Cats"は、見ることが出来るが この謂れを知っている人は極めて少ないだろう。
2005年に引き続き 2006年横田で公開されたU-2Sの68-10331。昨年は、厚木のWing-95に参加してから10年ぶりの横田参加である。当時と同じ”BB"のレターは無く 黒猫を書き込んでいる。2006年8月の横田公開にて・・・
(2006)
HOME
click here
NEXT
U-2S (80-1085)
U-2S (80-1073)