Page-8
U-2's Page
Wings
HOME
2012年オーサンで 展示機以外に2機のU-2Sのミッション飛行を見ることができた。しかし 2012年10月20日21日の二日間で撮影できたU-2Sは、何と3機に及び実に幸運な年となった。しかも 「ASARS-U」発展型合成開口レーダーを機首に取り付けた”長鼻U-2S”を間近に見ることができた、デザートストームなどで 空軍や巡航ミサイルの攻撃の成果を確認するためにも このU-2Sが活躍されたとしており 朝鮮半島の北部一帯の地上軍兵力を正確に掌握するためにも オーサンに配備して北側の動きを捉えておく必要があるのであろう。想像力を逞しくさせる魅力的な機体である。
NEXT
click here
10月20日朝09:53 離陸して行ったU-2S,会場入り口から順に展示機を撮っていたら 予定より早く展示機が離陸したと思い込んでいた。尾翼に白いシャドーの入っていることから 2012年8月に横田に来た”BB-337”だと思い この展示機が戻ってくれば いただきだ!と喜んでいたものの この鼻の長いU-2Sは、ミッション飛行だったのだ。友人曰く「ミッションなら帰ってくるのは夕方 エプロンからは追い出されている・・・」これで 望みは薄くなった。大いに落胆し グレーの気分に。
すべての展示プログラムが終了 追い出しの準備が始まっている。私は、展示機を撮りながら出口方面に向かって歩いていた。ふと 夕暮れの山に目をやると そこに何とU-2のシルエットが!!「ミッションしていた機体が帰って来た」 久々に焦った・・ロープ際までダッシュしないとタッチダウンに間に合わないではないか 老体に鞭を打ちながら何とかランウェイの見通せるロープ際まで走り 望遠に交換。タッチダウンを撮ることができた。そのターゲットは、鼻が長く・変形のスーパーポッドを付け・腹に多数のアンテナを生やし・尾翼にはシャドーの入った”BB-337” 横田で悔しい思いをしたあの機体だった。
15:52分タッチダウン・・・もう日が暮れかかっており ISOを上げないと撮れない。リバーサルフィルムなら諦めなければいけない時間だった。
タッチダウンを何とか押さえて安心したが よく考えてみたらこのU-2S 最後にはハンガーに戻るためにこちらに向かってくるはずだ。また あわてて 展示エリアの末端まで戻ることに。すでに 基地の警備員が追い出しの為のミーティングを行っていたが 邪魔されることもなくタキシングまで撮ることができた。下部に見える多数のアンテナは、胴体と右のスーパーポッドから出ており 左のスーパーポッドには付いていない。
翌21日は、昨日の轍を踏まないように 真っ先にU-2展示エリアへ 展示機の飛行は、11:20頃、だが 昨日のように それより早く通常任務の機が離陸する可能性も捨てきれない。案の定 10時30分 U-2のエンジン音が聞こえ10時40分にこの機体が飛び出て来た。昨日とは違う”BB-081"である。21日中に帰宅する予定の我々には、夕方までこいつを待って基地に外で待機する時間はない。この転がりをしっかり押さえておくことにしよう。ちなみにこの”BB-081”は、2010年10月オーサンOHの時もミッションを展開して マニアを喜ばせている。
さて この鼻の長いU-2S,機首に付けられているシステムは、「ASARS-U」という発展型合成開口レーダーらしい。これは、U-2偵察機の偵察システムのバリエーションとして 1980年代初頭にレイセオン社の支援を受けてヒューズ社が開発したものである。地上に制止されたものまたは移動中のターゲットを正確に捉えることができると言われる。捉えられたターゲットは、広帯域のデータリンクにより 地上局へ送信され その捜索レンジは非常に広範囲で高解像度を実現したとされている。この「ASARS‐U」は、イラクのデザートストーム作戦でも 目標位置や作戦で得た戦闘被害評価の為に広範囲で使用されたとされている。2001年には、改良発展型の「ASARS-UA」が供給され始めたため 現在ではこれを使っている可能性が高いが 見分け方は不明である。
この”BB-081”は、ミッションフライトの為 観客の意向に関係なく滑走するなり 大きく機首を上げて急上昇した。両翼に付けられたスーパーポッドも従来の物と比べ 両サイドが扁平に加工されており 右翼のはアンネナが下方に多数突き出ている。このポッドは、非与圧式多目的ペイロードで様々な観測機器が搭載できるとある。Senior Ruby、Senior Spear、Senior Glassと言った各種センサーの開発は1996年に予算化され行われた。其の内 Senior Rubyは、所謂「ELENT」機能で 電子偵察が目的で取り付けられ 電子ジャミング類も可能なのかもしれない。
さて 公開2日目 展示飛行を行った”BB-084"が戻って来た。いつもより位置を変えて奥に見える山を取り入れて撮影しよう。
2012年10月 この年オーサン基地は、第2番目の滑走路を建築中で 現行ランウェイの奥は土を掘り返し 背景が良くない。U-2Sがまだ高度をとっている東側に移動して タッチダウン前の高度のあるU-2Sを撮影し帰ることに。