↑ 1979年7月 嘉手納基地でT/Gを行うWC-135B(61-2672) 胴体横に突き出した形で取り付けられているのが、大気中の微粒子を回収する集塵機である。
民間機だけでなく軍用機の世界でも 世界中の気象データの収集と活動地点の観測は、作戦上も非常に重要な事柄である。また、1950年代後半から1960年代は世界各地で大気圏内(地上、海上)での核実験が盛んに行われており、これらの核実験のデータを収集することも重要な目的として造られたのが、気象観測専門のWC-135Bで、当初の1962年に完成している。1965年までに輸送型のC-135Bから10機が改造されてWC-135Bとなり 56th WRSの所属で横田空軍基地にも展開していた為(後に55th WRSに移管) 身近にみることができた大型機の一つであった。

元々ドワイト・D・アイゼンハワー将軍が、第2次大戦終了後の1947年に当時のアメリカ陸軍航空隊に対し 世界中のどこでも核爆発があれば検知できるようにせよ!との指示を出したことで「コンスタント・フェニックス計画」が発令された。これに基づき 1949年には、B-29の改造型WB-29がソ連での核実験のサンプル採取に成功、その後WB-50が活躍し このWC-135Bに受け継がれて行った。しかし、冷戦の終了とともに役目を終えて次々に引退し、現在は、改造型が2機ほど残っているだけでめったに見る事もなくなった。  (2022/4 記)
56th WRS Insinia 
↑ 横田基地を離陸の為タキシングする55th WRSのWC135B(61-2670)、C-135は、4発エンジンのせいか目の錯覚でとても大きな機体に見えるが、全長42.6m 全幅39.9mで C-2輸送機(全長 43.9m 全幅44.4m)おり小型で 現代のエアバスB-767などと比べると一回り小型の機体である。
Wings
55th WRS Insignia 
↑ 1976年夏に横田基地にて撮影したWC-138B(61-2665)。C-135Bから改装された10機のWC-135Bで一番シリアルが古い機体であった。カルフォルニア州マクラレン空軍基地から横田基地に1~2機が派遣されており よく目にした機体の一つだった。機体塗装は、アルミの地のままであるが、後に薄いグレー色が塗られることになる。コダックのネガカラーで撮った写真であるが、色落ちはすくない。
HOME