1979年7月 沈みかけた太陽の光を浴びて尾翼が強く反射している。飛来したVA-113の各機は、片翼にしか増装タンクを付けていなかった。

ずいぶん昔 日本でも女性関係のもつれから代議士を訴えた事件で”蜂の一刺し”なんて言葉が流行したが、この部隊も蜂の針をネーミングに使っている。ただA-7コルセアの場合は、”蜂の一刺し”どころかブスブス波状攻撃でやられそうだ・・・
 VA-113は1948年に初代F4U-4コルセアを受領して部隊創設されている。朝鮮戦争 ベトナム戦争にも参戦した歴戦の部隊である。1968年にA-7Bを受領して 一時はCVW-3に所属し大西洋方面での任務となったが その後CVW-2に移動し USSレンジャーに搭載され A-7E時代も含め”NE”のレターを付けてレンジャーに最後まで載っていた。FA-18Aに転換した最初の実戦VAであり 握りこぶしのVA-25といつもペアを組んでいた飛行隊である。1979年には 厚木、嘉手納にも飛来したので VA-113の美しい尾翼をGETできた人は多いが それまでは雑誌でしか見ることの出来ない憧れのマーキングであった。

このVA-113のマーキングは、1969年から1970年までの間 USSサラトガに載っていた時代のもの。翌年にUSSレンジャーへ移動し 1983年のFA-18への転換まで ずっとレンジャー配属であった。

HOME
1975年リムーアで撮影されたA-7E(157512)NE-305、渡辺 明さん撮影のものである。
VA-113のマーキングでは一番オーソドックスなパターンで しかも最も美しい。マリンブルーは部隊ナンバーから機首の機番、テールレターまで使われていた。
蜂の針をイメージしたA-7B時代のマーキング。このマーキングには黄色を基調としたものと黒を基調にしたものの2パターンがあったようだ。次回再作成するまで 昔作成したこのイラストを残しておくこととする。
夕日を浴びながら 嘉手納基地の海軍スペースから離陸の為 ランウェイ23に向かいTAXIするVA-113のA-7E。マリンブルーの鮮やかな機首番号 テールレター、黄黒の雀蜂が鮮やかで カメラを握る手が震えた。1979年の7月であったが 私の滞在中 同じ番号の4機で嘉手納に2回飛来した。2回とも 離陸時間は朝早い7時と夕方の6時半頃であり タキシングを撮影する際の光線は良くなかった。でも撮影の機会に恵まれたことを神に感謝したい・・・・・
A-7は、同じボ−ト社のF-8クルーセダー戦闘機をベースに作られた攻撃機だった為 F-8クルーセダー戦闘機をそれまでこよなく愛していた航空ファンからは「クルーセダーのイメージを著しく傷つけた!」とA-7を嫌う声が聞こえた。確かにF-8のスマートで精悍なイメージはすっかり消え ぶっとい胴体の太っちょさんになってしまったが、F-8の世代を知らない私にとってはA-4と共に最も愛する飛行機だった。F-8との違いは機体の長さだけでなく 後退翼の角度 燃料タンクを増設した為胴体が太くなったこと またエンジン等も異なっている。
Wings