NE-402
HOME
NE-413
NE-404
NE-410
嘉手納基地RW-23にアプローチするNE-412とNE-402。この直後 NE-402は突然エンジンを全快し上昇 空母に帰還してしまった為 2機が並んだランディングは撮れなかった。今確認するとこのコマの前後にA-7Eはなく この頃 こんなシャッターチャンスでも 1枚しかシャッターを切っていなかったのだ。当時の貧乏学生は、大事に大事にフィルムを使っていたのである。
1979年7月USSレンジャーから突然飛来したVA-25のA-7Eは、その後 8月末まで空母と嘉手納基地の間で頻繁に往来を繰り返した。8月には爆装をしての訓練も行われた。当時の嘉手納の海軍スペースは飛来した機体を上からGETできる絶好の撮影ポイントがあった。尾翼にオールドイングリッシュで”XO”と書かれているのは本来”02”番機で副長機である。

朝の早い時間、7時過ぎにあ離陸して行ったVA-25の4機のA-7E.早朝、R/W23のタキシングは、光線具合が悪く半逆光。

1979年の6月に飛来したVA-25のNE-412、機首番号もビューアルナンバーもない機体でModexは、412. 増装タンクの赤黒のチェックが気になる。

1972年当時のVA-25のマーキング、この時代は、拳ではなく CVW-2の”NE”が書かれていた。1972年は、VA-25にとって最後のベトナム戦参加となったが、ラインバッカーⅡの激しい戦闘を経験することになる。このマーキング時代の1970年と1972年の2回ベトナム戦に参加したが 1970年には、1機が撃墜されている。本機は、400番の”00”は、ナットのデザインに換えてある。

上のNE-411が、サイドワインダー用のパイロンSta.4-5を装着していないのに比べ 右のNE-413は、それを取り付けているのと 燃料タンクをSta.2と7に付けている為 重厚な印象。サイドワインダーは、自衛用で ベトナム戦争時代は、両翼のパイロンを爆弾で埋め Migの迎撃を受けた際は 胴体側面のミサイルで応戦できるよう 機体設計がなされていた。
飛行機ファンなら”電光を握り締めた拳”、このマークを何かの映画で見たような気がすると思う方は多いはずだ。そうトム・クルーズ主演の「トップ・ガン」でF-14の尾翼を飾っていたマークである。私は、映画で見るより、このマークを付けた実機を見るほうが早かったので トムキャットには付かないマーキングであることは知っていたが 主役の乗機に使いたいほど 魅力のあるデザインだったのだろう。
  このマークを付けたVA-25のA-7Eをこの目で見る事が出来たのは1979年沖縄の嘉手納基地である。この夏飛来した多くのVA-25のA-7Eは鮮やかなグリーンで尾翼を塗りこめ 尾翼の中心に右のマーキングが施され 一際印象的だった。しかし 実は私自身もその時までこの部隊のことをあまり知らなかったのである。
 この部隊 レシプロのA-1スカイレーダーを装備していた時代から、この部隊マークでは有名だったのだが、下図のようにA-7初期のマーキングは”NE”の文字を電光にからませただけで 古い白黒写真で見てもあまり印象に残らないかった。やはり拳と電光である!スカイレーダーと言うレシプロ機から.突然最新の攻撃機A-7Aに機種変更したVA-25は、A-1時代からベトナム戦でも活躍した部隊でA-1でのMigの撃墜記録もある。CVW-2”NE"での期間が長く 1970年にA-7Eを受領し確かUSSレンジャーが引退するまでこの空母に載っていた部隊の1つだ。その後FA-18Cに機種変換し NASリムーアを相変わらずベースとして活躍している。(2003/10 記)
1980年代に入ると 尾翼を一面に塗りつぶすようなマーキングが禁止された為 徐々に地味な塗装が増えてきたが。VA-25も例外にもれず1979年には左のような塗装に変更を始めた。そして 1982年には完全な低視認性塗装(ロービリビジティ・マーキング)に変わっていくのである。
A-7は、機種に機関砲を搭載していたが、A/B型が、機種左右に夫々20㎜機関砲をつけていたのに比べ E型になってからは 高性能のM-6120㎜バルカン砲を機種の左に1門だけ付けるようになった。したがって E型の場合 M-61の無い右手機種部分は のっぺりした感じに見える。
NE-401
NE-405

1975年のVA-25のA-7Eは、最も派手なマーキングを施されていた。背中から尾翼に開けてグリーンベルトがひかれている。白い帯には、イラストではよくわかないが ハート、スペード。ダイアなどのマークが並んで書かれていた。

これも短期間施されたマーキングのようで 果たして部隊全体で使われていたかどうかは、不明である。ノーズから背中にかけてラインを伸ばしたデザインは、VA-56でも採用されており A-7では、複数の部隊を見ることができた。

渡辺 明さんが、1975年に撮影されたVA-25のA-7E。リムーアにおいて撮影されたものであるが 機首の20ミリバルカン砲の砲口が煤けている事から 撮影日前に訓練で使用された模様。Bu,No,159284
Wings