VA-52
尾翼にナイトの兜をあしらったVA-52は、1950年7月に創設された部隊である。我々厚木のマニアたちの前に現れたのは、1977年11月のキティ・ホーク入港の際である。実にシンプルではあるが 攻撃機のマーキングとして この部隊のマーキングは実にユニークで 機体の背と燃料タンクに書き込まれたブルーの矛がとってもかっこいい!ずいぶん以前は A−6の尾翼の兜は、各機でそれぞれ違ったデザインだったことがあり 興味が尽きない。NH-500は、兜のクレストが CAGの各部隊カラーで塗り訳され ワンポイントながら絵になる機体だった。1995年にFA-18に改編する事も無く解散してしまったが 復活してもらいたい部隊の筆頭。兜の目の部分が ACL(ライト)部分で 厚木で夕方遅くエプロンに並ぶこの部隊のA-6EがACLをつけると興奮したものであった。
HOME

1977年11月厚木で盛んに飛行訓練をするVA-52のA-6EとKA-6E。この時 A-6E 2機 KA-6E 3機の飛来が確認された。

VA-52の起源は、1950年の朝鮮戦争勃発当時に生まれた攻撃機部隊VF-884にあるようで 当時F8F-1ベアキャットを配備されていたが 後にジェット化され1953年にF9F-4パンサーに更新している。1959年のAD-5スカイレーダー使用時代に現在の部隊ナンバーVA-52となっている。A-6を受領したのは、1967年9月

Wings
(1950〜1995)

1972年ベトナム戦たけなわの頃 5月10日から開始されたベトナムでの一大作戦「ラインバッカー作戦」に参加 レーダーサイト攻撃 機雷敷設 空中給油 通常爆撃などあらゆる任務をこなしたとされる。