VA-93
Wings
アメリカ海軍のA-7部隊で唯一シャークティースをつけていた飛行隊であり これが厚木をベースとしていたことは、今から考えると 我々マニアにとって実にラッキーであったと思う。A-7の大きなジェットインテークには、実にこのシャークティースがよく似合う。上下の犬歯が長いためシャークでは無いのかもしれないが・・・・・・
部隊は1948年に設立との事であるからCVW-5でペアを組んだVA-56より歴史は古く F8Fベアキャットが最初の装備機種であった。戦闘機部隊から途中で攻撃部隊に任務が変更になり その後A-4の各タイプを受領し 1968年10月にA-7Bを受け取っている。ベトナム戦ではVA-93は、3機のA-7Bを撃墜されている。
 CVW-5に配属され1973年から厚木をベースとして 我々の眼を楽しませてくれたが、その間に”ブルーブレザース”から”レーベンス”と部隊ネームを変え 1986年にVA-56と共に解隊された。FA-18Aに転換されていれば初のシャークティース・ホーネットが生まれていただろうと思うと実に惜しい。
1976年厚木の公開で展示されたA-7A(NF-300) アメリカ建国200周年の所謂バイセンテニュアルマーキングで尾翼を国鳥白頭鷲で飾った派手な塗装であった。1976年後半私はこれを撮る為に ずいぶん厚木通いをしたが 機体の調子が悪かったのか あまりフライトしないまま 通常のマーキングに変更された。
A-7A VA-93 NF-300(1976)
下写真は夕暮れ迫る厚木基地をフライトの為 タキシングするNF-300、夕日で機体が黄色くなってしまったが、冬の透き通った空気の中 シグマの安物400mmレンズでもそこそこ陽炎も無く撮れた。
厚木は、当時も空母の出航、入港に合わせて空母艦載機のオンパレードとなる為 その日にあわせ会社を休む人 学校をサボる人で賑わった。これは、1977年の1月のUSSミッドウェイの入港時のものだが、次々に舞い降りる艦載機に テンションは最高の状態まで上がり この日だけは半日最高の気分を味わったものである。
A-7E
A-7A
白黒フィルムのすばらしさに取付かれた私は、友人や先輩との情報交換を通じ フィルムや現像方法を変えながら 徐々に腕も上がってきた。当時 フィルムはパナトミック-Xと言うコダック社の超微粒子フィルムを使用し 細部まで再現できるレベルを目指すとともに ピントをしっかり押さえることに専念した。上の写真は、Bu、No160001。記念すべき16万1番のA-7E。この160001の上に書かれている”A-7E”がくっきり読めないとボケ写真として周辺からも失笑を買った。若いマニアは、作品を厳しく評価されながら 悔しい思いをして成長していくのである。であったから オートフォーカスが出た時の抵抗感は相当強かったと記憶している。
Photo by H.Funyu
目を書き込むとかえって迫力無いのね〜!!
HOME