VAQ-131
Wings
HOME
1976年の航空ファン誌と記憶しているが 厚木の先輩マニアが撮影したVAQ-131のプラウラーの写真がニュースページに出ていた。当時は、電子戦の最新を行く機体だったので こんな飛行機が厚木にも来るのかと驚き いつか厚木に再来することを期待したが その後VAQ-131は、厚木に来ることは無かった。1980年3月 ユタ州ヒル空軍基地に見学に行った際に 訓練に来ていたのがこの部隊で 航空ファンの写真で見た美しいマーキングを施していた。基地見学の前日 ヒル空軍基地の外からの撮影のため 山を登りたどり着いた撮影ポイントで 当時最新鋭のF-16A(388th TFW)と編隊を組んで オーバーヘッドアプローチをやってくれたのが印象的である。
”NH"のテールレターは、当時CVW-2 キティホークの航空団であった。この時 ヒル空軍基地のエプロンには、F-5Eやカナダ空軍のF-5Aなども参加しており 出来たてのF-16航空団との共同訓練に励んだ。