Wings
VAQ-133
2003年イラク戦争には多くの米軍部隊が投入された。当然 電子戦の要となるEA-6Bについてはこの戦争で大きな役割を果たしたはずである。日本の岩国基地にはローテーションで海兵隊のEA-6Bプラウラーの部隊が配備されていたが、彼らもまたイラクに駆り出され 岩国への平時のローティーションは大きく乱れることになった。それが日本のマニアにとっては逆に幸いした・・・なんと 海軍のEA-6Bの部隊がローテーションの穴埋めの為 岩国を訪れ我々を喜ばせたからだ。VAQ-133もその一つ、写真は私のHPの為 いつも応援してくれる友人が、2003年9月に三沢で撮影してくれたものである。感謝!!
VAQ-133は、ほとんど日本ではお目にかかったことがなかった部隊の1つ。EF-111を放棄した空軍も今は統合電子戦に参加しており プラウラーの電子戦担当将校には多くの空軍士官が従事しているとのことである。
(2003)
(2003)
VAQ-133 Wizardsは、VAQ-134,VAQ-135と共に元々はEKA-3Bスカイウォリアーを使用していた部隊の1つであった。当時はEKA-3B 3機とKA-3B 2機の計5機が基本編成であったそうだが、プラウラーに転換した際は、EA-6B 4機が基本編成となった。


プラウラーの特徴は、何といっても4人の乗員を乗せる長いノーズと尾翼の上で大きく膨らんだフェアリングである。このフェアリングの中には、非常に高感度なレーダー警戒アンテナ、通信妨害用送受信機等が統合的に収められ EA-6Bの根幹を成している。

又機種のコックピット4席の内 前の1席と後ろの2席には電子戦の専門将校が乗り あらゆる電波を嗅ぎまわりながら 必要に応じ妨害とレーダーサイトへの直接の攻撃を行うのだ。
VAQ-133は、NASアラメダで1969年3月に編成された。1972年8月にEKA-3Bから 当時最新型のEA-6Bに機種交換し 1974年からUSSAMERICAに積載されて航海している。私の記憶でも”AB”のレターを付けたVAQ-133の写真がよく雑誌に掲載されていたように思う。

この部隊1992年に1度解散の憂き目を見ていたが、空軍 海軍 海兵隊の統合電子戦運用に伴い 多くのEA-6B飛行隊が復活し 又新設された際 復活した飛行隊の1つである。現在 ”NL”のレターを付けているのは海外派遣部隊の為である。機種の”E”マークは戦功のあった部隊に送られるバトルEと言う賞を受賞した証であり 最近も多分大きな戦功があったのだろう。 
Many many thanks for Mr.Funyu Funyu ! !
HOME
1999年に撮影したVAQ-133のEA-6B。モデックス351以外は、ほとんど薄いグレー色で 味気のないマーキングであるが オシアナのOHにプラウラーが参加すること自体 非常に目面しい事である。
2003年 三沢基地
2003年 横田基地
VAQ-133が EA-6Bを受領した頃のオリジナルのマーキング。今のショーバードに比べると地味な塗装かもしれないが このくらいが一番美しいと感じる。燃料タンクにもトライデントが記入されている。