VAQ-134
Wings
海軍/海兵隊/空軍の電子戦専用機統合計画により 岩国のVMAQ-2に加えいくつかの海軍VAQ部隊も日本をローテーションで訪れるようになった。 その時三沢のOHに展示されたVAQ-134は、既にロービジ全盛の時代にフルカラーマーキングで飛来 多くのマニアを驚喜させた。多分これが撮影できただけで遥々東京方面からから出掛けたマニアも満足して帰ったのでないだろうか。VAQ-134は、1969年6月創設された部隊で 当初USSニミッツのCVW-8に所属していたが 後にCVW-15に移動して”NK"のレターをつけたNK-620(158030)が1979年に嘉手納にも飛来している。
尾翼のマークは、発足当時と若干異なっている。黄色い電光が初期のものは長かった。また 胴体から機首にかけてのストレーキも 黒の縁取りがあったが この辺も少し異なる。
(1996)
(1996)
NL-620 (1996)
HOME
沖縄 嘉手納基地にUSS エンタープライズから飛来したVAQ-134のEA-6B、ほぼEA-6Bを受領した当時のオリジナル塗装であり 背中から機首に向けての黄色いラインと機首にかかれた黒い鳥が 顔のでかいEA-6Bの横顔をきっちり締めている。