VAQ-308
HOME
Wings
1977年の5月だったと記憶しているが 厚木の先輩からよる電話があり「スカイウォリアーの珍しい機体が来ているから 明日は、厚木に来たほうがいいよ」とのこと、早速 学校をサボって厚木に出かけた。目の前をタキシングしていったKA-3Bスカイウォリアーの尾翼には、大きな鯨が描かれており いたく感激した。NAS アラメダから来たこの珍客は、その後 1度か2度と厚木・横田に飛来したが めったに見ることのできない貴重な存在だった。
 VAQ-308は、VAQ-208とともに 1970年にカルフォルニア州アラメダ海軍航空基地で設立された電子戦専門部隊であった。CVWR-20 つまり予備役の空母航空団に所属したため テールレターは、”ND"であり 象形化されたレターで書かれているため 初めて見る人にはNDと読めることはない。機体は給油機能も持つEKA-3Bを使用。後にVAQ-208とVAQ-308は、使用していたEKA-3Bから ECM関連の機材を取り外しKA-Bと名称を変え ほとんど給油を目的とした任務をこなしていた。その為 部隊名も1971年10月にVAK-208,VAK-308と給油を専門とする部隊名に変更されている。1989年9月30日まで活躍し 部隊は閉鎖された。
KA-3B(ND-634/147656)
KA-3B(ND-636/147662)
機首の機体ナンバーModex636は、尾翼にいたるまで数字にこだわるように 各所に書き込まれている。ギリシャ文字での下一桁の”Y”と 胴体最後部の”636”。これは、給油を受ける側からも機体の判別がつきやすいように考慮されている。上の634が鼻黒 636が鼻白というのも面白い。尾翼の黒い鯨は、VAK-208のインシグニアから来ているのではなく A-3の愛称が”鯨”だったことから書かれているようだ。
この機体は、1974年にEKA-3Bから電子機材をはずし KA-3Bに改造された。コクピット横にはVAQ-308のインシグニアが入っているが VAQ-308に所属する前はVAQ-208にいた機体である。1977年5月に厚木に飛来 7月にはND-633も飛来している。 
参考までに添付したVAK-208のインシグニア A-3の愛称である鯨が書かれている。A-3は、機体が大きいことと 胴体のイメージから”Whale"と呼ばれた。