VF-14
Wings
アメリカ海軍の航空隊としては、最も古い歴史をもつ飛行隊でF-14に機種転換したのは1974年である。以来大西洋方面に展開したままで F-14飛行隊としては日本に飛来したことがなかったが 部隊がFA-18に更新され始めた2001年の12月に 余剰になった機体がVF-154の機体交換の為厚木に飛来しマニアを沸かせた。。F-14AのままB/D型には、更新されず 2001年末に新しいF-18E/Fに機種交換され 太平洋方面に移動した。F-14Aを使用した初期の頃の塗装は、白地に赤のシェブロンとシルクハツトを描いた極めて 派手なマーキングであったが、ロービジ化以降は、小さなシルクハツトのみ尾翼に書かれることが多く 味気ない印象が強い。F-18Eに転換される前は、下の写真のように部隊インジクニアそのものを尾翼に入れ、なかなかセンスの良いマーキングとなり ロービジながら私が大変好きなマーキングであった。1999年に部隊創設80周年のスペシャル塗装で F-14受領時を再現したが残念ながら私は、撮影するチャンスに恵まれなかった。
Tail-Marking of AJ-210
Tail-Marking of AJ-200
F-14A (AJ-210) in Hangar
AJ-204 take-off/ Oct.1998
AJ-214 take-off/ Oct.1998
1919年7月に創設されたVF-14は、1999年7月に部隊創設80周年を向かえ AJ-200(162698)のF-14AにF-14に転換した当時の華やかなマーキングを施した。このプレートは、80周年の記念プレートでNASオシアナの彼らのオフィス前にかけられていた。
VF-14は、1919年7月アメリカ西海岸のサンディエゴで創設された。海軍最初の航空隊と言うことで VF-1と命名された時期もあったが、様々な改編を経て1949年現在のVF-14となっている。トップハットのマークは、1927年に制定された歴史あるもので 確かカーチスホークなど初期の戦闘機にも書き込まれていたはずだ。F-14Aへの転換は、大西洋方面の実戦VFとしては、最初で1974年である。写真を始めた頃 航空雑誌でしかお目にかからない飛行隊だったので  米海軍機写真に興味を持ち出した頃は、海軍航空隊の部隊編成を一生懸命頭に入れた時代である。VF-14はVF-32と長らくコンビを組んでCVW-1”AB”のレターをつけている印象が強く、空母はジョン・F・ケネディーだったと言うことは 今でも記憶している。最近は、守備範囲も広くなり 海軍部隊の改編のスピードにも頭が対応できず どのVFが どのCVWに所属し どの空母に乗っているなど さっぱり判らなくなっている。私が最初に彼らを見たのは、1998年のオシアナOHであり その時彼らのテールレターは”AJ”で 空母ジョン・F・ケネディーだったが、2000年に再び彼らに出会ったときは、同じ”AJ"をつけてはいたものの空母はエンタープライズに変わっていた。
AJ-204
VF-14は、2001年12月に F-14からの最初の機種変換部隊として FA-18Eを受領し CVW-11”NH”に配属され 本拠地をNASリムーアに移した。これと同時に部隊名を”VFA-14”に変更している。シスタースコードロンのVF-41は、同時に複座のFA-18Fを受領し ”VFA-41”としてVFA-14と同じCVW-11の傘下に入った。2003年には、早速イラク・フリーダム作戦に参戦。
トップハッターってなあに? 俗に言う”シルクハット”のことです。昔はビバーの毛皮が使われたそうであるが 乱獲でシルクに変わりシルクハットとして名前が定着したようだ。アメリカでは、リンカーン大統領時代にモーニングとこの帽子の組み合わせが流行して 紳士の証というイメージが定着した。前述の通り 海軍で最も古いこの飛行隊、1926年には、当時アメリカで最初の空母となったラングレーに搭載されて航海にでている。
VF-11 transitioned to the Navy’s newest fighter, the Grumman F-14A Tomcat in January 1974.
In June 1975 the VF-11 "TOPHATTERS" became the first Atlantic squadron to deploy with the F-14A
HOME
1999年10月 オシアナ海軍航空基地にて VF-14の80周年で売られていたグラフィック! 1919年〜1999年の80年間を記念して作られたもの。マーキングは、F-14配備当時のものを基本としている。by JET GRAFIC 
フォーメーションフライトを終え 観客の前をタキシングするVF-14のF-14A ”AJ-216” 後方の列線は、カナダのスノーバーズである。Oct,1998
Insignia of VFA-11
F-14A ”AJ-216”は、カメラの直前を左手に折れてタキシングしていく この角度であるとマーキングは見えにくいが 機首の光学センサー類ははっきり見えている。トムキャットの特徴の一つでもある機首レドーム下のテレビカメラセット(AN/AXX-1)、F-5クラスの小型機でも18Km先から探知できる機能を持つ。1998年オシアナ