VF-201
HOME

彼らが尾翼につけているテールレター”AF”はCVWR-20の記号、つまり第20空母予備役航空団を意味する。1970年ニクソン大統領就任2年目の年、太平洋方面と大西洋方面に一つずつ予備役の空母航空団が作られ 大西洋側がCVWR-20”AF”で 太平洋側に作られたのが、CVWR-30”ND”だった。この航空団は予備役と言えど 戦闘機部隊から早期警戒機部隊まで揃え 空母に搭載されればそのまま即戦力になるよう構成されていた。

VF-201は、ベトナム戦争後期の1970年7月に創設された飛行隊で予備役部隊である。この年 VF-202と言う姉妹飛行隊も創設されており 海軍はベトナム戦での初期の損耗にショックを受け、いざと言う時補充が効くよう予備役の充実を図ったと思われる。VF-201は、テキサス州NASダラスで生まれここを本拠地にしており 予備役という事もあってあまり米国内のショーにも展示されないし ましてや日本に来ることもない飛行隊だ。1974年からF-8からF-4N型に換え、一時は、きわめて派手なマーキングを施していたが、1980年ユマで行われた予備役部隊の総合訓練”リザーブ・ファイター・ダービー”ではご覧のとおり 一切のカラーマーキングを排して グレー一色のロービジ塗装であった。塗装的には面白くもなんともないが、予備役部隊自体が、撮影のターゲットとしては貴重であったから、この部隊を見たときは嬉しかった。

オランダの友人 オルス氏から送られてきたVF-201のF-4Nの写真、カラーのマークが入っており 美しい! このマーキングは後にF-14AがVF-201に配備された時に踏襲されている。VF-201は、1994年クリントン政権下施行された予備役部隊の大整理でも生き残り VFA-201と部隊記号を変えてアグレッサー飛行隊として活躍している。

Wings
VF-201は、古いF-4Nを使いながらも 1981年PAC地区の射撃大会においてF-14の飛行隊を退けて堂々の総合2位を獲得している。

州航空兵(ANG)のパイロット同様、予備役部隊のパイロット達も現役を退いた者で構成されており ウィークディは別の仕事か任務に就いていて 土日に飛行訓練に励むという具合である。しかし 即戦力化を目的にしているため 州兵よりは厳しい訓練項目が用意されていたはずで 空母への展開訓練やこの競技会のように年何度かの合同訓練があった。