HOME

尾翼のラダーを飾る3色と星は、もちろんテキサス州の州旗であるが、このVF-202のマーキングは、他にも数種類が記録されており 胴体に黄色いラインが入った塗装例もあった。後日 F-4シリーズのイラストを作り始めたら ご紹介したい。

(1970〜1994)

Wings

隣のVF-201のページでご紹介したとおり、1970年7月VF-201より僅かに早くNASダラスで創設された予備役飛行隊でF-8Hクルセイダー戦闘機を配備されて訓練を開始している。1976年にF-4Nに機種交換し 私たちがユマでVF-202と出会ったときは、ちょうどF-4N受領から4年目の春だったわけである。この頃のCVWR-20の構成は、戦闘機部隊が、VF-201と202、攻撃機部隊が、VA-203と204と205の3個、偵察部隊がVFP-206、電子戦がVAQ-209、早期警戒隊がVAW-78の構成である。VF-302を除きCVWRに配備されたF-4Nの飛行隊は、何故かスタート当初レードームを一様に黒く塗っており、それだけにマニアでもマーキングではよく知られた存在だった。姉妹飛行隊のVF-201と共に、その後F-14A戦闘機に機種転換したが、VF-201がTARPS(写真撮影キット)の運用応力を持つことになり、それを譲ったVF-202は、海軍の削減計画に飲まれ1994年に解散の憂き目にあってしまった。VF-202解散で余剰になったF-14は、NASオシアナの訓練部隊VF-101へ移管された。(2021/5 記)

AF207とAF212は、お互いにマイクで会話を楽しみながら 並んで離陸に向けタキシングしていった。予備役部隊にとって年に一度の大きなイベントであり リザーブ部隊が一挙に集まるこのような競技大会では、仲間意識は大いに盛り上がる。下写真は、AF-204とAF-212で 上とは時刻でのシーン。

彼らの部隊名は、”Superheats"「 過熱」である。F-4Nは、エンジンも含め機体の外形は、ベトナム戦で活躍したF-4B型と変わらない。電子機器が入れ替わっており 予備役部隊はこれを長く使いJ型には移行せずに 海軍ファントム最終型となったS型に転換した。VF-202は、戦闘機中隊として米海軍で最後までF-4ファントムを使った飛行隊である。最後