(NK-112)
TAIL MARKING of NK-101
TAIL MARKING of NK-110
VF-31
フィリックス・ザ・キャットという猫の漫画は、日本の一般家庭にテレビが普及してまもなくアメリカからやってきた初期のカートゥーンで 私も我家が白黒テレビ時代にこの漫画番組を見た記憶がある。非常に単純なストーリーであったように記憶しているが、あの頃からアメリカ産のB級漫画は、ディズニー映画など一部を除いてはあまりストーリー的に進歩していないように思える。

 話が逸れたがこのキャラクターは大戦前の1919年からあったそうだから ミッキーマウスより長い歴史を持っている。日本で言えば”のらくろ”に相当するのであろう。VF-31がこのキャラクターを機体に入れ始めたのも相当昔で当時はVF-1Bと言う部隊名でボーイングF-41Bと言う複葉戦闘機のボディーに書き込まれていた。VF-1Bは1948年に現在のVF-31になったが、ベトナム戦の後期には日本の厚木にも飛来しているので 諸先輩方は何度か目にしているはずである。”AC"のレターと赤い尾翼そして母艦がUSSサラトガであったことが、記憶に強い。

 1981年1月にF-14トムキャッツに機種更新して以後も長らく大西洋方面に所属したが、僚友のVF-11と共に太平洋方面に移動し新鋭のCV-70カールビンソンに搭載されて1994年3月に横須賀も訪れている。その後VF-11は再び大西洋方面の空母航空団に戻ったが、VF-31はそのまま太平洋方面に残り 我々の目の前にいつ姿を見せてくれるかと待ったものの ついに厚木で彼らに会う機会はなかった。
赤い尾翼に黒い鼻・・VF-31のオリジナルマーキングである。胴体下のタンクにも フィリックス君が書き込まれて これから正にデモフライトのためのテイク・オフを使用としているところ。もうオシアナでこの姿を見ることは出来ない。
デモフライトを終えた4機のVF-31トムキャッツ達は、観客の前をタキシングして 最後の別れの挨拶である。Mr.Goto氏より送っていただいた一連の写真は、天気にも恵まれたF-14最後のフィナーレを再現してくれる。
Many Thanks Mr.Goto
HOME
AJ-201の赤い尾翼には、フィリップ以外にも 左のようなトムキャット君のイラストが描かれていた。

空母航空団は、CVW-14のままであるが、空母がUSSアブラハム・リンカーンに変わり VF-31のCAG機も流行のブラックテールになった。この塗装は、後に何かの記念日には、よく使われるパターンとして定着した感がある。

1960〜1970年代の20年間以上もCVW-3の傘下から動かず 1985年からCVW-6に移動したものの この飛行隊ずっと大西洋方面の部隊として定着してしまった感があったが 1994年突然CVW-14の傘下に入り 西太平洋に来るようになった。実際は、厚木などに大挙して飛来することはなかったが USSカールビンソンが横須賀港寄港した際 報道陣に公開された甲板でのVF-31 CAG機は、上のイラストの塗装だった。

(NK-102)
VF-31と言えば テールは真っ赤で鼻黒で無いとそれらしくない・・・そう思いません?
この真っ赤なテールこそこの部隊に似合うのだが、F-14の場合 ここに本来はフィリックス君が、書かれて無いといけない。文献によると帰国前の嘉手納飛来前後に”NK”の文字に直されたそうであるが、F-4ファントム時代のスタイルであり 過去の雄姿を回顧してでの味付けであろう。
(NK-104)

1985年から第6空母航空団(CVW-6)に移動し VF-31も搭載される空母がUSSフォレスタルに変更となる。フィリックス君は、再び尾翼にふっかつしコックピットからは消えたが 増装タンクなどあちこちに書かれてはいた。なおこのタイプでは整流板は、赤く塗られていない。

1981年の年初からVF-31は、F-14Aを受領し始めた。この時の塗装は、F-4Jのマーキングをそのまま踏襲して 赤を基調とした派手な出で立ちとなっている。フィリックス君は、尾翼の外側と コックピットの下方に書かれ両面で計4か所、下面の整流板の部隊ナンバーは白のシャドー付である。

Wings
新聞漫画家のパット・サリバンらによって1919年に考案されたそうで ニックネームは”不屈の猫”何があってもへこたれないところが、部隊のマスコットとして使われた由縁かもしれない。

上図は、2003年の5月までUSSアブラハム・リンカーンで中東方面 特にイラクでの作戦を終えて オシアナにのどってきたVF-31のF-14D。この頃VF-31の各機には、出撃マークが書かれていた。このブラックテール機は、オシアナの格納庫で見たが 撮影の機会には、恵まれなかった。

1990年VF-31のトムキャットもロービジビリティ(低視認化塗装)の波には勝てず 上イラストのようにグレー基調の塗装とはなったが、れードームが黒いなど オールミディアムグレーのF-14の飛行隊が多い中では、まだまだ目立つ塗装であった。

VF-31 F-14時代最後のCO,ラブランチ中佐
2006年オシアナのOHでデモフライとしたVF-31のCAG機、これがF-14の見納めとなる最後のエアショーとなった。AJ-100番機は、過去のCAG塗装の中で最も人気のあった”フィリックス イン ブラックテール”を再現したものであり 尾翼内側にはCVW-8のインシグニアを大きく書き入れている。 
2003年NASオシアナで見たVF-31の中で右のサムネイル(小窓写真)のNK-112とNK-110は、なんと2002年イラク・フリーダム作戦時に書かれたスコアマークを残してあった。何故NK-112になっているのかは確認できなかったが、当時のNK-101(164600)だと思われる。何故ならスコアマークが2002年7月のNASオシアナに帰還した当時と同じ11個である点とパイロットネームが 当時のままのCO・ハース中佐とサノフスキー中佐名となっているからである。NK-110の方は、一部機首のパネルが新しくなっているものの 何と27個以上のスコアマークが書かれた後がある これが当時の何番機かは不明であるが、2003年9月にエプロンで見たNK-110(写真下)は別の機体で存在したので当時のままかもしれない。このスコアマーク フィリックスが怒った顔で爆弾を投げつけるユニークな絵柄で面白い!
(NK-110)
F-4B/J時代のVF-31は、尾翼に大きな赤いベルトを入れ 当時の母艦USSサラトガのCVW-3”AC”のレターを黒字で大きく描いていた。フィリックス君は 胴体にに比較的小さく描かれていたが、レードームが真っ黒に塗られていたため 非常に赤黒で印象に残るマーキングであった。F-4時代はずっとUSSサラトガを母艦として ベトナム戦争にも参加 1972年5月から1973年1月まで 173日間の実戦従事と記録されている。この間 1機の損害も無く Mig-21を1機撃墜。
 約18年間F-4を使い続け F-14に機種改変した後は、最初の母艦はUSS ジョン・F・ケネディで やはりCVW-3の所属であったため レターは、相変わらず”AC” 1985年にCVW-6に移って”AE”のレターに変わるまで イメージはVF-31=ACだったのだ。1992年から 太平洋方面に移動 CVW-14に所属して”NK”のレターをまとい 2007年最後のF-14飛行隊としてFA-18Fに機種を変更する。
(NK-101)

1982年のVF-31のF-14A。マーキングは、少し変化があり 尾翼のフィリックス君がなくなって コックピット横だけに統一された。レイドームは、そのままグロスブラックで 上空では目立つ存在だったであろう。トムキャットを受領した1981年から1984年の年まで搭載されたのは、USSジョン・F・ケネディである。1983年は、地中海方面での紹介任務の際 シリアとの紛争でSAMサイトの攻撃を行ったが A-7 A-6を1機ずつ失っている。