VF-32
Wings
アメリカ海軍の空母航空団に所属する実戦飛行隊で トンキン湾事件が発生した際まだF-8Dクルセーダーを使用していた珍しい部隊で F-4ファントムを受け取ったのは1965年であった。ベトナム戦争では、1968年にUSS フランクリン・ルーズベルトに搭載されて参戦 1967年に帰還するまでに撃墜記録は無いが  1機のF-4Bを事故で失っている。確か厚木にも”AB”のレターを付けたF-4Bが何機か飛来しているはずである。しかし F-14を受領したのは大西洋方面で一番早く シスタースコードロンとして長い間VF-14トップハッターズとペアを組んでいた。最初に付けた”AB”のレターが印象に強いが、1985年からCVW-3に所属し 一時CVW-17に所属するが 再びCVW-3に戻り”AC"のレターを付けている。
 1989年緊張した地中海で哨戒中にリビア空軍のMig-23の攻撃を受け スパローで少なくとも1機を撃墜しているのが、この飛行隊の数少ない戦勝記録ではあるが、その後の湾岸戦争、イラクフリーダム作戦などにも参加した歴戦の部隊である。
何度 オシアナに言っても中々出会わなかったのが、こいつである。1度テイクオフの撮影を逃した後 次に目にしたときはハンガーの中・・・でも 綺麗なマーキングですよね〜。ベースはブラックではなく ダークブルーであった。翼の内側には、現在の所属であるCVW-3のインシグニアが書かれていた。
2003年のイラク戦争に参加した6隻の空母のうち USSハリー・トルーマンは、地中海方面からイラク攻撃を敢行 2003年5月にノーフォークに帰還したが、この作戦時にVF-32所属のF-14の機首に書かれたマーキング。”Deus Et Patria”の文字と国旗を持った剣士が倒した敵の首に剣をあてている図案、文献によるとフランス語で「神と国家」を意味するらしいが、何故書かれたかは判らない。
1974年に F-4BからF-14Aに転換したVF-32は、尾翼をイエローを基調にホワイトのラインを入れた非常に目立つ塗装で デビューした。この塗装は、数年でロービジ塗装に変更され消えたが、その後は、目立たないマーキングであまり記憶にも薄い。現在は、部隊名の通り 剣を尾翼に入れてなかなか様になっている。
 写真のModex132は、VF-32にちなんでつけられていた機体。
AC-114
AC-101
AC-104&107
AC-104
AC-107
AC-105
VF-32は、1945年2月創設とされているので 太平洋戦争が終了する間際にできた飛行隊である。VF-32と言う部隊ナンバーになったのは、3年後の1948年、1950年から朝鮮戦争に参加している。1957年に海軍航空隊で最初にF-8U-1クルーセーダー戦闘機を受領し F-4Bは、1965年から受領 1974年からF-14Aへの転換を始め 1975年には初のクルーズに出ているが この時海軍最優秀の飛行隊として ジョセフ・クリプトン・アワードを受賞している。この時 彼らは10年間無事故達成、17000時間の無事故記録を残している。1982年VF-32のF-14Aは、長らくペアを組んでいたVF-14と別れ その後F-14の空母1飛行隊運用等で TARPSの運用能力を得たが、このデジタルカメラ・システムは、リビヤ危機やその後の作戦で大いに活躍している。1996年頃からF-14Bへの転換を図った。 
2005年9月オシアナのOHに唯一展示されたF-14B(162916)。何と憧れのブラックテールAC-100であった。最後の最後でゲットできたCAG機、右のサムネールは、右機首に書かれたマーキング「Final Gypsy Roll Years of Tomcats」と書かれてある。2005年、この部隊はF-14BからF-18Fに転換をするため最後の展示となった。F-14を使用した部隊でもっとも長くこの機体と使った飛行隊の一つで 歴代のCO(飛行隊長)のネームを入れた尾翼のプレートを横に飾っていた。
(2005)
(2005)
タキシーするAC-104とAC-107の機首には、イラクフリーダムの出撃マーキングが書かれている。マーキングが誘導爆弾であることから これらの任務がほとんど対地攻撃を主としていたことが分かる。AC-107の機首にはスペースシャトル コロンビアの事故を痛むモニュメントも書き込まれていた。
2005年のオシアナOHは、F-14トムキャットに関してはVF-32のオンパレードといえるショーだった。右下の黄色い尾翼のF-14は、VF-32がF-14Aを受領した時に施されたオリジナルマーキングを再現したものである。剣の部分が若干色合いが異なるが(当時は尾翼のエッジは無塗装) ガルグレーの機体にこのマーキングで登場したときは VF-32は実に美しい列線をなしていただろう。しかし 黄色は、実戦ではあまりにも目立ちすぎるため 確か3年もしない内にこのマーキングはロービジに変更されている。今では写真右上のAC-101のマーキングでさえ色が付いているだけで 美しいと思えるようになった。OH時は、この機体エプロンの一番奥に駐機し 立ち入りができなかったため フニュフニュ君の600mmレンズで捕らえたものである。実戦的ではないと言え 美しいものは美しい・・・こうして再現したいと言う気持ちも美しいものへの憧れからであろう。
すでに 2006年からVFA-32としてFA-18Fを装備し 長いトムキャットの歴史にピリオドを打ったが 1975年6月のF-14A装備での初航海(CV-67 USS.John.F.Kennedy)から30年間 この機体を使い続けた飛行隊だ。 そのまでのF-8U-1が9年 F-4Bが約10年で更新になったことを考えると いかにF-14時代が長いかがわかる。
1981年のシドラ湾事件で リビヤがシドラ湾内を自国の領海とするむちゃくちゃな宣言を軍事力を持って阻止したアメリカであるが こうした国際法を無視した勝手な領海宣言を黙認すれば 地中海で自由航行できる公海が狭くなるだけでなく 他の独裁国家などもこれに追従することになりかねない。この為 示威的にシドラ湾内での訓練を強行し リビヤの主張を退けようとしたことが事件の発端であったが 1989年に第2次シドラ湾事件が発生 この時は西ドイツでのテロ事件でリビヤの関与が濃厚であったため シドラ湾内のリビヤ領海付近で 再び示威的な演習を行い衝突が生じた。この時 パトロールのリビヤ空軍Mig-23 2機を撃墜したのが VF-31のF-14で 1981年のVF-41のMig撃墜にくらべおとなしい報道だった為 記憶に薄い人が多い。
HOME
Tails of VF-32 in hanger