尾翼のマーキングと赤いスコードロンカラーが実に印象的な飛行隊で この部隊のファンは多かった。特に尾翼を飾る”青龍刀”はA-7の尾翼にこそマッチングしたマーキングであると私は思っている。・・と言うことはFA-18には似合わないとでも言いたいの?残念ながらそうである。蛇足であるが、日本刀と違って青龍刀は刃の部分が太く 剣先が重くなっている・・・つまり日本刀が研ぎ澄まされた刃の威力によって 物を切るのに対し青龍刀は その切っ先の重さを利用し力でぶった切る刀である訳だ。A-7がその搭載力にものを言わせて攻撃する機体であるから ピッタシといえばピッタシではある。
 このVA-147もよく厚木横田に訪れた飛行隊の一つで 1977年のUSSコンステレーションの寄航時 厚木にA-7Eが数機飛来し その後もバイセンマーキングの”NE-401”を初め4機が大挙厚木に飛来するなどで NAVYフリークを喜ばせた。
 VA-147は、1968年に編成された部隊で FA-18Cに機種改変した現在まで ずっと太平洋艦隊の空母航空団に所属している飛行隊である。もちろん ベトナム戦には参加しており VA-147も1968年のローリングサンダー作戦後期から出撃を繰り返し 損害の大きかったラインバッカー作戦では1機を対空砲火で撃墜されている。A-7Eを実戦で初めて使用した部隊としても記録されているようだ。
Wings
VA-147のCO機、1976年の建国200周年を記念したバイセンテニアル塗装で機種の機番”401”は、星条旗をあしらったデザインとなっている。VA-147 401の機首右側には”CITY of LEMOORE”と書かれていた。
1980年代前半のロービジビリティ塗装になる前のVA-147のマーキングは若干の変更が施され 青龍刀のデザインが一新された。
上下の写真は、1977年に横田に飛来した4機のVA-147所属A-7Eのうち後に離陸した”402””403”。

  NG-402 ”CITY of HANFORD"
.... NG-403 "CITY of OLONGAPO"
photo by okinawanobito
NG-403
NG-406
NG-413
NG-403
NG-407
左は、厚木基地で所謂”お墓”と言われた場所から撮ったVA-147(NG-411)。
機首には、”CITY of KINGSBARG"と書かれていた。お墓で撮る際は、F-4ファントムなら 250oから300o、A-7では300oから400oのレンズがあれば充分ファインダーに収まった。 午前中は逆光であり 午後から夕方にかけては順光 1本だけ3-4人の人が上れる大きな木があった。
VA-147
FA-18C
 Attack Squadron 147 was officially redesignated as Strike Fighter Squadron 147 (VFA 147) on 20 July, 1989 The first FA-18C arrived on 6 December 1989. A complete transition to state-of-the-art technology resulted in new tools, newly graduated technicians, and 11 new LOT XII aircraft to commence integrated warfare training. The Argonauts were the FIRST squadron to receive the new Lot XII "Night Attack" Hornets

上の説明のようにVA-47は、1989年にVFA-147に部隊名変更を行い 同時にFA-18Cの夜間攻撃対応型の新型ホーネットを受領している。FA-18C時代は、2003年4月にUSSカールビンソンが西太平洋航海時 嘉手納にこの部隊を含め飛来しているが 私には全く縁のなかったVFA-147。FA-18Eに機種交換してから偶然出会い事が出来た。 2009年3月9日14:40 付近を航海していた原子力空母USSジョン・C・ステニスから飛び立ち エマージェンシーで嘉手納に着陸 生憎大雨の中という写真にならない状況の中 何とか証拠写真を残せた。ちなみにVFA-147がFA-18Eに機種交換をしたのは2007年10月からで 翌2008年2月に完了している。.
FA-18E
HOME