VFA-15
Wings
1942年4月に創設された飛行隊と言うから 実に歴史のある部隊である。最初は雷撃隊として”VT-4 Sweeps The Seas"と言う名称であり、ミッドウェイ海戦で日本海軍戦闘機部隊にメタメタに叩き落されたTBD-1デバスティータ雷撃機を配備していた。その後 ライオンがシンボルとなって”Attack Lion"がニックネームとされた。今でこそ爆弾の上に乗ったライオンをパッチとしているが、以前は魚雷にのったライオンであったのだ。終戦までの間 CV-9エセックスに載ってフィリッピンなど南方の海域で戦っている。”VALion”の名前は 海軍のアタック・ライオンと言う意味から来ているのだろう。
 この部隊 1965年にA-4スカイホークを受領しベトナム戦を戦っているが、一度解散し 1968年に当時新鋭のA-7Bを受領して再び復活している。翌年からVA-15と言う正式部隊名が与えられた。A-7Eの頃は、尾翼をホワイトに塗りこめ青いライオンを描いた軍用機とは思えない美しい出で立ちであった。日本にもMAG-12に配属となった年に岩国に来ているので 撮影した方も多いことだろう。1986年の10月にFA-18ホーネットを受領してVFA-15に改称されている。
A-7B時代のマーキング。ライトブルーを基調としたマーキングで 時期は1973年ごろのもの。ライオンの絵柄はなかった。
A-7E時代の最も美しかった時期のもの マリンブルーになり ライオンも描かれるようになり イェローの縁取りが用いられている。CAG機は、ラダーの星が色違いになっていた。
VFA-15は、1992年にFA-18AからFA-18Cに機種交換をした。搭載された空母は 1993年から現在まで 一貫してCV-71”USS セオドア・ルーズベルトであり 尾翼のエッジを飾る黒のラインはA-7時代からのデザインの踏襲である。機首のモデックス300の左斜め下に書かれたマークは、これである。↓
ヨーロッパのエアショーに展示されたVFA-15のCAG機、下の写真の最新のマーキングに比較して どっちがお好みだろうが? もちろん私は、A-7Eのマーキングを踏襲した左写真のマーキングの方が好きである。
胴体下の増装タンクには、”VARION PRIDE”の文字。
HOME