Wings
VA-37の歴史は、飛行隊ナンバーの割には意外と浅く 1967年7月になる。A-7Aが海軍に配備され始めた時に創設された攻撃飛行隊で 2年後の1969年にはCVW-11に組み入れられ 早速 ベトナム戦に駆り出された。1970年にはCVW-3に移動 1972年に再び10ヶ月余りベトナム戦に参加したが ラインバッカー作戦のこの期間だけで 2機が対空ミサイル もう2機が対空砲火によって撃墜される苦い体験をした。
 1974年に新型のA-7Eに転換、NASセシルフィールドをベースにしていたが VA-105の後を受け 1984年末から翌年7月までの間 岩国のMAG-12にローテーションで配備された為 多くの航空ファンが彼らをGETしている。その後 USSフォレスタルのCVW-7に鞍替えした為 一時は”AE"のレターを付けたが FA-18に転換し再びCVW-3”AC"に戻って 現在はNASオシアナをベースに活躍中である。
 ”BULLS”の部隊名の通り 雄牛のマーキングは、アメリカの証券会社アンダーセンの社章とよく似ており パクリかもしれない・・・失礼!なかなか尾翼にマッチしたすばらしいデザインであり 航空ファンを魅了する存在だ。
A-7Aを使用していた頃のマーキング。鼻息の荒い雄牛を尾翼に描いている。このマーク 2003年にはFA-18C”301”に復活していた。
A-7Eになっていくつかのマーキングパターンが、存在したが最もポピュラーなものがこの塗装である。CAG機は、尾翼に雄牛のシルエットをそのままスケールダウンしたカラーリングを並べていた。
PHOTO BY H.FUNYU
岩国のMAG-12にローテーションで派遣されたVA-37のA-7Eは、日本国内の航空際にも展示された。左は1985年小松基地の航空際に展示されたAC-403。
 VA-37は、この後艦命延長工事の終わった航空母艦USS フォレスタルに搭載され一時的には”AE”のテールレターを付けたこともある。ロービジ姿のA-7は、美しい頃のA-7を見ているマニア達にとっては 実に寂しさを感じさせる存在だった。
2003年NASオシアナで見かけたVFA-37のCO機 AC-301。AC-300(CAG機)が、青を基調とした従来のマーキングであるのに対し 御覧の通りAC-301は、赤を基調とし A-7A時代を思い出させる復古調の旧マーキングで再登場である。丁寧に燃料タンクまでそれを再現している。
VFA-37
A-7E
1990年12月13日 ”Bulls”は、FA-18Aを受領 今まで載っていたUSSフォレスタルから USSジョン・F・ケネディに移りCVW-3の傘下に入った。FA-18での最初に仕事は 湾岸戦争で勝利した後のイラクの監視であり また情勢が厳しかったユーゴスラビアでの哨戒任務だった。CVW-3の傘下に所属したまま 積載される空母はUSSアイゼンハワーに変わり ボスニアなど内乱と独立運動で乱れる地域での監視活動が彼らの任務として与えられ この地域での活動が飛行隊の歴史でも強調されている。
2003年には、301番機だけのマーキングであったが 2007年 創隊40周年には、全機がこの基調のマーキングを変更した。Bu,No,165177
2008年のAC-300のマーキング 最近流行の背中目いっぱいにスコードロン・ブルーで仕上げてある。Bu,No,165176
HOME