VMA-211
「ウェーク島の復讐者」という名は、太平洋戦争の序盤戦で日本軍に奪われたウェーク島を取り戻すために 強い決意を表した部隊名でだったのだろう。彼らのホームページを見ると 歴史欄にその辺が詳しく解説されている。1941年にF4Fワイルドキャットを装備して西太平洋に展開 空母エンタープライズで運ばれたわずか12機のF4-Fワイルドキャットで 当時勢いのあった日本海軍の攻撃を忍ばねばいけなかった。このウェーク島の攻防戦がかれらの由来なのである。島は、いったん日本の占領を受けることになるのだが その直後のミッドウェイ作戦で日米の形勢が逆転したことはご存知の通り。

 ウェーク島は、ちょうどグアム島とミッドウェー島の中間地点にある面積6.5平方キロの小さな環礁で 1568年にスペインの航海家により発見された島で 1899年にアメリカ合衆国に併合された。人口は2000人ほどであるが 確か2本の軍事用滑走路を備えており 現在でも太平洋方面の軍事活動に欠かせない米軍の重要な中継地点。
CF-01(160043)
CF-12/158192
CF-6/158481
CF-1/160045
CF-5/159785
A-4M
NEXT
click here
CF-4/159488
CF-3/158177
CF-06/159485

↑ 1979年横田に飛来した2機のA-4M(VMA-211)。CF-7、Bu.No.160041とCF-13、Bu.No.158417

CF-11/158152
HOME
1979年の7月嘉手納基地には 岩国よりVMA-211のA-4Mが多数飛来し 連日訓練を行っていた。
CF-13/158417
Wings
CF-07/158185
CF-18/159786
CF-06/159485
CF-01/160043
CF-01/160043
CF-2/158170
1976年 A-4EよりA-4Mに機種交換し 1989年までM型を使用。