NEXT
click here
HOME
VMA-223


VMA-223もインシグニアは戦うブルドッグちゃんである。帽子を被って葉巻をくわえたブル君は
英国の宰相チャーチルのように見えなくもないが、アメリカン・カートゥーン(動画アニメ)のテーストがなんとも魅力的だ。アメリカ人はこのほっぺたの垂れた醜い犬が結構好きなようで 色んな企業や組織のマスコットとして使っている。子供時代にテレビで見た”トムとジェリー”というドタバタカートゥーン。猫のトムに追いかけられた鼠のジェリーが、逃げ回る際によく利用したのが間抜けなブルドックであった。結局ジェリーの作戦にはまって、最終的にトムはブルドックに捕まりひどい目にあうが、、2者の喧嘩の中で一番被害をこうむっていたのは、よく考えるとこの間抜けなブルちゃんだったような気がする。寸胴のA-4Mスカイホークは、ブルドッグのイメージによく似合う機体であったと思うが、その後は垂直上昇する細身のブルドッグに変身している。(次ページで紹介) 
1942年の5月にハワイで編成された飛行隊で 最初はワイルドキャッツ戦闘機を使っていた。18機のF4Fでガダルカナルの攻防戦を戦い ここで海兵隊の最初のエースとなったマリオン・E・カール中尉は、海軍十字賞を受賞している。1961年に最初のA-4を受け取り 1965年から1968年までベトナム戦に参加 その後1975年に海兵隊で最初にA-4M型スカイホークを受領した部隊として記録されている。1987の10月にAV-8Bハリアーに転換 1993年にはさらに進化したレーダーハリアーAV-8BⅡPlusを受領した。
A-4M
VMA-223”The Bulldogs” deployed to MCAS Iwakuni in may 1976, Japan for 12 month tour.
Wings