(1952~2019)

NEXT
HOME
click here
VMAQ-2は、海兵隊の航空部隊が電子戦と偵察部隊を分割する前 RF-4BとEA-6Aを併用していた時代があり 尾翼を黒く塗ったバニーのRF-4Bが存在した。日本では見られなかった塗装であったが バニーのファントムに一度お目にかかりたかったものだ。
海兵航空部隊は、元々偵察機部隊と電子戦部隊を統合されて運用していた。VMAQ-2も1952年の発足時はVMC-2として PV-2ネプチューンやAD-5N/Qを使用する海兵隊唯一の偵察部隊だった。その後VMCJ-2と名称変更し 1975年それまで岩国に駐留していたVMCJ-1”RM”の解散に伴って岩国にDet(分遣隊)が派遣されるようになった。

1966年10月にベトナム戦に初デビューしたVMCJ-2のEA-6Aは、早々にVMCJ-1と交代し VMCJ-1がベトナム戦での主力になったとされている。
 一方VMCJ-2のEA-6Aは、尾翼を黒に塗りこめ”プレーボーイ誌”のシンボルマーク”バニーちゃん”をつけていたため 根スケの私にとってはドキドキするする存在だったのだ・・・なんのこちゃ!

 1975年の海兵航空改編で偵察専用飛行隊と電子戦専用部隊が、分離され偵察部隊はVMFP-3”RF”としてRF-4Bを使用した。VMAQ-2は、1977年2月にEA-6Bプラウラーを取得し EA-6Aの塗装をそのまま受け継いだが、すぐにロービジ塗装に変更され白黒のシックなVMAQ-2を見られた時期は短かった。
EA-6A

1978年厚木基地で離陸の為 タキシーするVMAQ-2のEA-6A。グレー色だけで仕上げた低視認性塗装(ロービジビリティ・マーキング)であるが、未だこの時期は、他の部隊に普及していたわけではなく おそらく試験的に施されたものと想像する。なお この部隊が後継機であるEA-6Bプラウラーを使用し始めたときは、再びフルカラーマーキングに戻っている。

1976年の秋口 夕暮れの厚木基地にランウェイ01で降りて来たVMAQ-2 憧れのEA-6A 建国200年の記念フラッグを機首の左に大きく書き込んでいる。ランウェイの奥まで転がってくれたので撮影できたラッキーな日であった。私にとってEA-6A(CY)との初対面であった。
Wings

上の写真は、当時岩国へ遠征したフニュ君の成果で目の前で見るEA-6Aは、雨模様とは言え眩しかっただろう。

横須賀から空母USS Midwayの出港に伴い その前日に岩国基地から厚木基地入りしたVMAQ-2おEA-6A 3機(CY-621/623/624)は、出港日 CVW-5の各飛行隊とともに 空母に向かった。手前はVA-56のA-7A(NF-413)。EA-6Aは、CVW-5の傘下にあったが、ベースを岩国基地としており 厚木で頻繁に撮影できる存在ではなかったので 1日で3機が同時にランウェイに出て行く姿に マニアも興奮である。