VMA(AW)-121グリーンナイツは、太平洋戦争勃発の年1941年6月にVMF-121として誕生している。この年の6月は、ドイツ軍ソ連侵攻のバロバロッサ作戦が開始された月である。同年12月に、日本海軍は真珠湾を奇襲しているので、結果として正に大戦に向けて準備創設された飛行隊になってしまった。F4Fワイルドキャットの配備を受けて太平洋戦争中はガダルカナル島を中心に、ソロモン諸島方面の防衛と日本に対する艦船攻撃に際し 攻撃隊の護衛任務を行った。この間 戦闘機部隊として14人のエースを輩出するなど多くの戦果を上げたと言われている。米軍のぺリリュー島占領後は、そこを拠点として活動している。A-4を使用後 1969年に全天候型攻撃機A-6を受領し 部隊名もVMA(AW)-121となった。A-6Eになって岩国に配備されたのは1977年の5月で、尾翼に建国200周年記念の帯を入れた派手な姿で我々を楽しませてくれたが  年末までにはこの帯は消されてしまった。1989年12月FA-18Dを受領しVMFA(AW)-121に部隊ナンバーが変更されている。
VK-4/155638
VK-350/152931
VK-353/155638
VK-00/159179
VK-352/155589
VK-4/155638
上の図は、A-6Aを使用していた時代のマーキングで グリーン・ナイツのネーミングの通り チェスのナイツをラダーに書き込んでいた。1977年岩国に飛来した時は、全機 国旗を模したバイセンティニアル・マーキングであったが、すぐに消され 下図のようなマーキングになっている。チェスのナイツはよりリアルになって大きく書かれるようになった。
This Squadron has received numerous awards to include; the Chief of Naval Operation's Safety Award for 1960, 1977, 1981, 1982 and 1989, the Commandant's Aviation Efficiency Trophy in 1960, and Marine Attack Squadron Of The Year in 1979.
Wings
A-6E
980年3月MCAS Yumaで撮影したVK-4、1977年の横田基地の展示機と同じシリアルであった。
HOME
NEXT
click here