HOME
VMFA-121
Page-3

2017年1月9日 ユマを出発したF-35Bの一群は、寒いアラスカを経由し最初の2機が1月19日までに岩国に入った。F-35Bは、不格好な機体ではあるが ゲームチェンジャーとして新たな1時代を築く存在であろう。私が仕事で駐在する某国でも 岩国移動の件は、トップニュースで伝えられ注目がされている。
 さて ハリアーやF-18DがなくなってF-35Bに変わる・・・私にとってはあまり歓迎できない事柄である、何せ こんな雀のような戦闘機がこれからの主力になると思うと 航空マニアとしては淋しい。しかし これからの航空機は見かけではないという事を最近証明し始めたのが このF-35であろう。当面 撮れるはずのない機体だったが 偶然2017年7月に行った嘉手納で2機撮れたので 早速新ページで展開したい。(2017年7月9日記) 

2017年7月6日 朝、ランウェイR/W23・・・当然 沖縄梅雨明け後の南風。私は、県道沿いの公園でF-16Cの着陸を待っていた。先輩が、「今 岩国をF-35が離陸し こちらに向かっている」との情報をくれた。後 1時間ほどで到着するはず。7月6日10:35 2機のF-35Bは、降りたが なんと右のランウェイを使ってくれたので 撮れないで終わった。それから 午後 この2機は、ランウェイをクロスしてこちらに向かってくるので 道の駅前をタキシーするのかと期待した。残念ながら この後すぐにランウェイから離陸していったが ランディングを撮ることができた。