VMFA-323
Wings
FA-18A
右のInsigniaをご覧いただくと ガラガラヘビとF4-Uコルセアのシルエットが書かれているのがお分かりと思うが、VMA-214と同様 InsigniaにF-4Uを描いているのは、大概太平洋戦争中にF4-Uで大きな戦歴を持っている部隊である。VMFA-323も1943年にチェリーポイントで生まれ 太平洋戦争では沖縄戦をはじめ終戦までに自軍の損失無しに124機の日本軍機を撃墜し 12人のエースを輩出している。”デス ラトラーズ”とは、「死のガラガラ音」という意味で もちろんガラガラ蛇の威嚇音のことを指している。機体に描かれたダイヤモンドの帯は ガラガラ蛇ダイヤモンドバックスの紋様を模ったもの。
 F-4時代は、日本で見ることの出来ないスコードロン御三家の1つであったが、一度CVW-14に所属してUSSコーラルシーでWESTPACの際に嘉手納基地に数機が飛来した。
 VMFA-323がFA-18になってからは、岩国にも配備されマニアの前に姿を現したが 1999年のUSSコンステレーション横須賀寄航の際にも再び撮影の機会を得ることが出来た。
From October 1988 through April 1989, VMFA-323 deployed to MCAS Iwakuni, Japan
VMFA-232は、海兵隊の中でも早くFA-18に転換した飛行隊であり 1986年所謂”シドラ湾事件”の際 海軍のFA-18を補う形で参加している。この時空母に展開した4個飛行隊は、VFA-131、VFA-132、VMFA-314,VMFA-323だった。
WS-00/162401
WS-000/162401
WS-02 (1990)
WS-11 (1990)
Tail-Marking
Cockpit
Tail-Marking
......(1999)
NE-210
(1990)
(1990)
(1990)
(1990)
VMFA-323"Death Rattrers" made two additional WesPac deployments aboard the USS Constellation, from April to October 1997 and again from June to December 1999.And theirs boarded the USS Constellation for a 6 month cruise.from late 2002 again.
1980年のWest-Pacで USSコーラルシーに載って 航海した際に嘉手納に降りたVMFA-323のF-4N”NK-104”と”NK-106"。後方にはVMFA-531のF-4Nも見える。MCASエルトロを拠点にしていた為 めったに日本で見られなかった飛行隊も空母に搭載されて訓練に参加して我々の目の前に現れた。
HOME
click here
NEXT