VMFA-531
EC-06/162448
EC-04/163128

1991年5月19日 厚木基地に展示されたVMFA-531の2機のF/A-18A、

EC-01/163152
EC-07/162431

1989年11月5日 築城に展示され帰投する2機のF/A-18A。手前がEC-07、奥がEC-01で並走しながら ランウェイエンドまで向かった。

HOME

1989年4月に 当時F-15配備反対運動で 基地を人の鎖で囲むなどの反基地運動が盛んだったらしいが、この頃の九州の航空基地は、海兵隊の戦闘機が展示されることが多く 遠くとも十分足を運び価値がある航空祭であった。VMFA-531は、ホーネットになってから日本にちょくちょく来るようになった飛行隊だが、ファントム時代の鮮やかなマーキングは望むこともできない。

Wings
VMFA-531は、ベトナム戦争で海兵隊の2個大隊が 1965年4月にダナンに上陸した時点から 共に海兵隊飛行隊として始めてダナン飛行場に移動し近接支援のため作戦を開始している。
この海兵隊のダナン上陸以降 ベトナム戦がエスカレートしたと言われている。初めてベトナムに展開したVMFA-531の面々には、当初は居住設備もなく また近接支援に必要な爆弾なども不足気味で 相当劣悪な条件下での任務を余儀なくされたようだ。 
”Gray Ghost”のニックネームを持つこの部隊は、1942年10月にMCAS Cherrypointで誕生した。F-4Bを受領した1962年からVMF-531よりVMFA-531に部隊ナンバーを変更し ベトナム戦に真っ先に送られた飛行隊として有名である。VMFA-531のF-4時代は、MCAS El Toroの WS/EC/VWの日本に来ないトリオ飛行隊としてマニアは諦めていたが、WS/ECの2飛行隊は、1979年USSコーラルシーのCVW-14の参加に入り 1980年のWESTPACの際沖縄の嘉手納基地に大挙して飛来しマニアを狂喜させた。その頃のVMFA-531のNK-100は、これまた美しいCAG機塗装であった。
FA-18A

VMFA-531は、1984年5月にFA-18Aを受領している。 

F-4B/N
↑上は、VMFA-531がF-4Bを所有していた時代のマーキング。これ以外のパターンも存在したが、骸骨と電光531に並んだ星はほぼ共通したものだった。
↑F-4N時代の代表的なマーキング、一度で良いからこれが撮りたかった・・右はコーラルシーに搭載され1980年にWest-Pacに参加した際のVMFA-531(NK-200)の塗装である。この出で立ちで嘉手納にも飛来した。