VMFP-3
VMFP-3は、VMCJ-1/2/3の機材などを引き継いで1975年7月に創設された部隊である。MCASエルトロをホームベースに本部飛行隊13機の他,4機編成の分遣隊(Det)を3個持っており,日本にもUSS ミッドウェイでの洋上偵察/その他戦術偵察任務の為岩国に分遣隊が派遣され,厚木でもしばしば目にすることが出来た部隊である。アメリカ海軍がRF-8G以降,自前の偵察飛行隊を持たなくなったため 海兵隊のRF-4Bが空母に派遣されるようになり我々航空ファンは RF-4Bを目にする機会を得ることになったわけだ。今では偵察用のPODを使う為,専用の航空機は作らなくなったが、当時は空軍も海軍もRF-○○と言った偵察専用機を多用した。(2002/7/6 記)
Wings
NEXT
click here

厚木の撮影ポイント”お墓”に一本人が3人まで登れる木があった、フェンス越えでタキシーウェイを見下ろす事ができ、非常に魅力的な場所だったが早い者勝ちで、毎回ポジションを確保出来るわけではなかった。1976年のこの日、私はこのポジションを得て、たまたま飛来したVMFP-3の2機のRF-4Bがランウェイエンドまで転がってくれたことに興奮の坩堝となった。しかし、気合が入りすぎたのかカメラのフィルム巻き上げに力を入れすぎて、この写真を撮った直後フィルムがカメラ内で切れてしまったのだ。蓋を開ければフィルムは感光してオジャンであり、慌てた私は大和駅の写真屋さんまで行って、フィルムの取り出しをした。そんな思い出の写真である。

VMFP-3は、RF-4Bを使用機として1990年9月末に飛行隊が解散するまで使い続けたが 岩国に派遣されるDet毎に マーキングが異なっていたことが多く マーキングの変化でも楽しめた部隊である。また 厚木を離陸して 住宅地に墜落し死傷者が出たと言う痛ましい事故も起こしマニアを落胆させた。
 部隊名は、”Eyes of the core"を長く使っていたが 1987年に”ライノウズ”に変更している。 

1978年にはすっかり色を落し、グレーと黒の2色でマーキングされていた。何とか国籍マークはカラーのままであるが、かなりがっかりした。

Marking of 〜1975
VMCJ-1/2/3のレター”RM/CY/TN"が、”RF”1本化されすべてMCAS エルトロに VMFP-3として集められた。VMFP-3の当初の塗装は、専門誌や写真集でも数枚しかお目にかかったことが無いが、コクピット縁から尾翼にかけて フィルムパーフォレーションをデザインしたラインが入ったもので 尾翼は赤と言う派手なものであった。上の写真は、バイセンティニアル塗装のRF-4B(614)であるが、これもかなり派手な塗装である。塗りたて当初は機番(MODEX)が610で 下の写真のように胴体にも文字が入って さらに派手であった。USS MIDWAYには 分遣隊(DET)として派遣され空母に搭載される際の定数は 3機となっていた。
HOME
1978年後半頃から現れたロービジタイプのRF-4B、VMFP-3最初の頃のマーキングを基本的にベースにしているが、「RF」の文字は味気の無い文字体になった。但し 機種はレーダーコーンの先までグロスブラックのラインが伸びてしまりが出た。
1975年から1977年にかけてVMFR-3のRF-4Bが施していた代表的マーキング。レーダーコーンは、ホワイトでトップだけがグロスブラックであった。ネービーブルーの尾翼に書かれた3本のラインが何を表現していたのだろう。VMFP-3の”3”かもしれない。
Marking of 1978〜1979
Marking of 1975〜1977
VMFP-3に統合された1975年頃のマーキングとされているものであるが、写真ではVMCJ-3の文字が入っていたりして 正確なところは不明。但し 左図のように赤を基調とした極めて派手な出で立ちであった。写真が少ない為 非常に短い期間使用したマーキングと推測される。

1977年8月嘉手納に着陸し、ネービーエリアに向かうRF-4B(RF-13)BuNo.156106 実は、私が写真を本格的に始めて1976年に横田基地で最初に出会ったファントムがこのRF-13番機、当時ピンボケの写真でも満足したが、嘉手納で再会できてうれしかった。