VP-4
Tail-Marking of VP-4
Wings
”Skinny Dragons”とは、骨と皮ばかりの竜を意味するが、本来の部隊名としては違和感がある。尾翼に書き込んだワイバーン(翼をもつドラゴン)のインシグニアが 中国の彫刻の龍のように細長い胴体であった為 誰かがそう呼び始めたのではないだろうか。同じドラゴンでもアジアと欧米ではイメージが異なるようだ。どうもVF-143の”Pukin'Dogs”と同じような経緯をたどって 彼らの正規部隊名になった気がする。どなたか由来がお分かりであればお教え願いたい。
 VP-4もVP-1とほぼ同時期の1943年誕生したが、こちらは比較的脅威の少ないアラスカ方面を担当し 実戦には殆ど参加していなかったようだ。1966年にP-2VからP-3Bに機種変換し 1984年2月にP-3Cを受領して 厚木でも良く見かける部隊である。右のインシグニアの通り 最近のDragonはすっかり太ったようだ。
YD-1/153436
YD-5/153432
YD-6/153431
YD-7/153430
YD-5/153432
YD-4/153444
YD-2/152755
(1994)
(1994)
Tailmark of VP-4 (1976)
やせ細った龍を尾翼に書き込んでいたVP-4も 他の部隊のマーキングが次第に大きく派手になっていく中 第4飛行隊の”4”の文字を尾翼に入れ龍を黒のシルエットでタッチする新マーキングに変更したが このマーキングはその後のロービジ化の波の中 短い期間で終了している。その後 しばらくの間を置いて 下記のような隊長機のみ パッチの小太りドラゴンを尾翼にそのまま入れたタイプのマーキングとなった。
NEXT
HOME
1943年に設立したと上述したが 第2次大戦前の1928年には、哨戒飛行隊VP-4というのが存在していたらしい、しかし 現在の歴史に繋がる飛行隊とも言えず 現行のVP-4の直系に当たる部隊は、やはりアラメダで設立されたVB-144(爆撃飛行隊)が起源ということだ。現在の哨戒飛行隊VP-4という名前になったのは、大戦後の1948年になる。1956年には、正式な対潜任務で沖縄に派遣されており 日本にもこの辺から縁が深くなっているようだ。1964年 ハワイのバーバースポイントをべ−スとし始め 1965年にP2V-7を使用している頃から スキーニードラゴンズと呼ばれるようになった。1966年にP-3Aを受領。
三沢を離陸するVP-4のP-3B。VP-4は、1979年5月にやっとB型を受領した。1984年2月にP-3Cに更新している。長らくB型を見れた飛行隊の一つ。