VP-47

2019年は、年初1月に嘉手納に行ったきり 年末ぎりぎりまで行く機会がなかった。こう言う状態だと哨戒部隊の消息に抜けが出来てしまう。1月時点ではVP-8のP-8AとVP-65のP-3Cが駐留していたが P-8Aの部隊は、大平洋方面最初のP-8AのVP飛行隊となったVP-40が VP-8に替わって嘉手納に配備され その後 9月ぐらいからこのVP-47に替わったそうだ。12月那覇基地のフェスタに参加したついでに翌月曜日 嘉手納に寄ってみた。
 なんと 朝から梅雨のように雨の降る1日で 運転免許所を持ってきていない私は、那覇からバスで嘉手納に行くことにした。バスの乗り継ぎで嘉手納に行くのは、約43年ぶりである。

那覇からのバスは、28番29番120番などがあるが 28番が一番本数が多い。嘉手納市役所まで行って降り 62番の乗り換え、2つ目の「千貫田」で降りれば 歩いてすぐに 道の駅が見える。

道の駅から見た官軍エリアには、RDのP-8Aが並んであり 北の瀬取り監視のためのオーストラリア海軍のP-8Aまで駐在していた。

部隊名に合わせ黄金の剣を尾翼に描いたP-8A RD-331 スキッパー機である。黄金の刀剣は、写真では見えないが 下部の兵器倉扉にも書かれているそうである。但し このマーキングは、あまり使い続けられないように私は感じた。スキッパー機にしては地味すぎるでしょ。(2019/3 記)

2021年12月9日 厚木に飛来したVP-47のP-8A、横田でのT/G後 厚木に降りてくれた。

HOME
Wings