VP-6
Wings
この部隊も冷戦後の軍事費大幅削減のあおりを受けて 解隊されたVPの1つである。VP-40のカジキと良く似た構図で 鮫を尾翼に大きく描いていた為 P-3好きなマニアには特に人気のあった部隊だった。PBS-146と言う部隊がVP-46の前身で1943年に創設されている。大戦中は、ハワイからボルネオまでの南太平洋を受け持ち地域として哨戒任務にあたった。
 P-3を受領したのは、1965年 ハワイのNASバーバースポイントに本拠地を置いて 嘉手納にもローテーションで配備されたが 私はあまり撮影の機会に恵まれず 厚木と嘉手納で4-5回出会っただけであった。1993年5月に閉隊。
PC-1/154590
PC-5/154587
PC-8/154588
PC-11/154578
PC-3/154589
PC-7/154589
ロ−ビジになっても 尾翼の鮫は健在だった。左は横田基地のOHに展示された時に撮影した尾翼のアップだが、尾っぽのカーブが若干ハイビジの時と異なる。しかし”Blue Shark”は、やはり青でほしかった・・
VP-6の鮫の絵柄は、P-3B時代にも変化している。当初は写真のように直線的に描かれていたが、1979年には、写真のPC-8のように尾びれを持ち上げたような図柄となった。どちらも青色が実にあでやかで撮影できた日は、うれしかった。
PC-3/154589
PC-4/154588
HOME