VP-9
Tail-Marking(1995)
Wings
(1995)
(1995)
(1995)
(1995)
(1995)
(1995)
VP-9は、1951年3月にNAS Whidbey Islandで編成された飛行隊で 当初は、P4V飛行艇を使用していた。彼らの戦闘記録には朝鮮戦争時代 海兵隊機の爆撃支援の為 北朝鮮に侵入 夜間フレアを攻撃目標に投下するなどの任務もこなしたようだ。1953年にネプチューンを受領 10年後の1963年にP-3A、3年後にはP-3Bに機種更新している。長らくカルフォルニア州のNAS モフェット・フィールドをベースにしており 日本にもよく訪れた部隊だった。1976年にP-3Cを受領し 私が始めて沖縄の嘉手納を訪れた1977年の夏には 嘉手納をベースに哨戒任務を行っておりシャッターチャンスには恵まれた部隊だった。
 ハープーンミサイルを投げる鷲のマークを尾翼に大きく描いていたが 遠くからだと何が書いてあるかわからず 後に入間の航空宇宙ショーに展示された時に尾翼の絵柄をじっくりみて 納得した。最近のマークはミサイルから爆弾に変わっており 何か意味があるのだろうか?まぁ 海に潜る敵に対しては、絵柄的にも対潜爆弾の方がふさわしいと修正されたのかもしれない。
Tail-Marking(1977)
Old insighnia of VP-9
New insighnia of VP-9
NEXT
HOME
1977年8月初めて嘉手納に出かけたとき嘉手納の海軍スペースにいた部隊が、VP-9。厚木でも なかなか番号が揃わないP-3の列線を見た際は、やはり感激である。1週間で ほぼ全機をファインダーに収めることが出来るのだ。残念ながらこの時は、まだコダックの白黒フィルムを使っておらず 粒子がはなはだ粗いのであった。
1979年の入間航空祭にて展示されたVP-9のP-3C。後方にVMA(AW)-553のA-6Eも展示されている。1971年の名古屋国際航空祭でもVP-9が参加している。
Tail-Marking(1978)
顎のないP-3B時代のVP-9.基本的なマーキングは、P-3Cになっても変わっていない。初期は、”PD”の下にインシグニアがなく 機番が書かれていた。
ロービジになってからは、部隊に1機しか存在しない部隊長指定機のみテールにマークが入っているため 時たま撮れると感激したが その他のノーマークのP-3Cを撮る意欲はほとんどなくなってしまった。
VP-9は、1976年にP-3C アップデートTに転換し その後 沖縄嘉手納に派遣された。P-3Cで初めてインド洋へ展開した部隊である。1984年には、部隊として最初に ディエゴ・ガルシア島に6ヶ月の駐留派遣を実施している。
PD-003(161003)は、2002年12月から確認された隊長機で 機首の003は、黄色いシャドーが入っていた。