Wings
VR-55
厚木に通いだして まず最初に出会ったC-9Bが、VR-30のC-9Bで”RW”のレターをつけていたものである。その次によく目にすることになったのが このVR-55のC-9Bになる。当時は厚木に行けばほとんど撮れる機体だったため 関心が次第に薄れ 「イモ」扱いしてしいまったが VR-55のC-9Bが基地公開で展示されることはなく クルーを取る機会には恵まれなかった。しかし 海軍の航空隊で女性パイロットが注目され始めた頃 この部隊にも女性パイロットが所属しており それなりの話題を提供した飛行隊でもあった。
 1976年にNAS Alameda(アラメダ)で設立された飛行隊で 私が航空機写真撮影を本格的にはじめたとほぼ同時期からの歴史である。海軍予備役の輸送飛行隊として 最初にC-9Bを使い始めた飛行隊で 1993年にC-130Tに機種変更している。
VR-55は、1990年から デザート・シールド、デザート・ストームなどの大きな作戦に空軍の輸送部隊の一員として投入され 陸軍および海兵隊の兵士の輸送を担当した。また ユーゴスラビア紛争の後期 ボスニア紛争の際は シシリー島のシゴネラ基地をベースに輸送業務に従事している。
グレーのC-130Tに模様替えして 初めて撮ったVR-55のハーキュリーズ。Bu,No,165350
2008年12月16日11:00 Kedena
HOME
2012年4月5日13:03 Kedena
予備役郵送飛行隊ではあるが カルフォルニア州アラメダに本拠地がある関係で日本にも良く来た。1986年4月には岩国に配備されたVMFA-323(F-4S)の要因の輸送も担当している。
City of Oakland (RU-120)
VR-55は、C-130Tを受領した5つの飛行隊の一つであるが 165349、165350、165351の連番のほか 165379が確認されている。上のRU-350とRU-351は、写真のように淡いグレーであるが その他は、濃いグレー塗装に塗られているそうだ。