VS-21
Wings
私にとってVS-21は、本当に縁のある飛行隊だ。1974年実戦VSの中で最初にS-3Aバイキングを受領した部隊であるが 最初に所属したのはCVW-1で確かABのレターをつけていたはずだ。この頃 雑誌でよく紹介されていたが 大西洋方面の部隊である為 日本でお目にかかることは、まず無いものと思っていた。しかし 最初の縁は、1977年7月厚木に初飛来?(多分)したCVW-9のS-3A(NG-706-160567)を撮影できた事に始まる。この機体 部隊マークのバイキングの横顔が欠落していた為 撮影時はVS-21とは思わなかった。R/W01でエンドまで来たためタキシングを撮る事が出来た上 タキシーウェーに空き缶が転がっていたため クルーが機を止めて拾い上げる光景まで見る事が出来た。初めて聞くTF-34-GE-400Aエンジンの独特の音が後々まで忘れられず、今でもこの音がたまらなく好きである。
 その後 コンステレーション/キティホークが横須賀に寄港した際も乗っていたのは、VS-21。インデペンデンスが横須賀を母港とした際 ついに厚木を拠点にする部隊になって何度も撮影のチャンスに恵まれる事になる。これだけ縁の深い飛行隊になるとは思わなかった。
(1999)
(1999)
(1997)
(1997)
Tail-marking / 1997
(2002)
1974年VS部隊として初めてS-3Aを受領したVS-21の最初の配属先はUSS JONE F KENNEDYであった。CVW-1であったため最初に付けたテールレターは、”AB"。1975年の当時のCAG機AB-600は、ラダー後縁を所属6個飛行隊のカラーで飾った。
HOME
1977年7月中旬 あまり良い天気ではなかったが、厚木のお墓ポイントで私は、今日は、何が撮れるか期待しながら 一本の木の上で待っていた。そこに現れたのが S-2AしかもUSSコンステレーションからの外来である。こんな当時最新で日本ではめったに撮れない機体をものにできるなんて ラッキーとしか言いようがない。ランウェイのエンドまで転がって来たS-3は、タキシーウェイ上に異物らしきものを発見したようで わざわざパイロットが下りて拾っていった。その為 私の目の前で5分以上止まってくれたのである。独特のエンジン音は、これ以来忘れられなくなった。