Wings
VS-32
大西洋方面の空母航空団(CVW)に所属するVS部隊なんて 全然縁が無いかと思っていた。日本にいればその通りになったが NASオシアナのネプチューンフェシバルに参加してくれた為 撮ることが出来た。私は機体より真っ先にクルーにお願いして写真を撮らせてもらったが おばちゃまクルー(失礼)もいて感激であった。この機体700番で色つきの上 尾翼のマークは異なっていた。
VS-32は、1950年ノーフォーク海軍航空基地にて創設された部隊で TBM-35/Wを当初は使用していた。その後 セシルフィールド海軍基地へ移動 1975年にS-3Aに更新し 最初に搭載されたジョン・F・ケネディとの縁が長く ”AB”のレターを付けた写真が記憶に強い。マーキングは ラダーを白と青のチェックにしただけのシンプルなものだが 美しいデザインである。初期のマーキングでは チェックの中にキノコマークが書かれていたが これは旧インシグニアに採用されていたもので 尾翼の白青のチェッカーもこれに由来しているようだ。
髑髏の飛行隊隊陰が、潜水艦を腕で真っ二つに折っているデザインが 尾翼の左に入っていた。オシアナとセシルフィールドは、そう遠くない距離にあるが、S-3Bが展示されることは珍しい。
渡辺 明さんから送っていただいた1976年撮影のVS-37 S-3A 私が作成したVS-37創設時のオリジナルマーキングのイラストと基本的に同じマーキングである。S-3は、上面ガルグレー 下面がネイビーホワイトのこの塗装が一番機体に合っていて美しい。
Old Insignia of VS-32
HOME