Wings
back
VS-37
VS部隊の中でも ほとんど撮れなかった飛行隊の一つが、VS-37である。地味ながらシンプルにまとまったデザインは 撮れなかっただけに憧れを持っていた。ある日 嘉手納基地 朝早くNAVY側のエプロンを覗きに言ったら VS-37のS-3Aが1機 ポツリと置かれていた。証拠写真に撮ったものの この機体いつ飛び立ったのかもわからず翌朝にはエプロンから消えていた。尾翼の上部に書かれたインシグニアは 遠くからではほとんど何が書いているか判別できないが 海に潜る潜水艦を大きな手が掴み掛かろうとしているちょっとオカルト的なマーキングなのである。この部隊歴史は古いのだが、VS-37となったのは1953年である。S-3Aを受領したのは 1976年12月であり USSコンステレーションのCVW-9傘下に入ったのが最初だったので ”NG”のレターを入れたが これもちょっと変わった重ね文字であった。今は解散して姿を消した部隊の一つとして 懐かしさだけが残る。
沖縄 嘉手納基地のネイビーエプロンに羽を休めるVS-37のNG-703。柵の僅かな隙間からしか撮れなかった為 足が切れて証拠写真程度のものであるが 私が撮影できた唯一のVS-37所属機である。1978年には数機がUSSコンステレーションから飛来しているが 沖縄のマニアはこのチャンスを掴んで物にしている。
VS-37にS-3Aが 配備された当初の頃のオリジナルマーキング。基本的にS-2トラッカー時代からのマーキングの踏襲で 尾翼の上部にVS-37のインシグニアが入る。
後に 派手なカラーマーキングが禁止されたあと 飛行隊に1機だけCAG機としての特別塗装が許され ほとんどの部隊がブラックテールを基調にしたマーキングを採用。VS-37も例外でない。
HOME