Wings
VS-38
朝鮮戦争時代に、実戦部隊として対潜哨戒任務についた飛行隊で、当初は、S-2トラツカーを装備した。1976年の1月からS-3Aバイキングを受領し 最初につけたテールコードは、NE(CVW-2)で 空母USSレンジャーに搭載されていた。その後 CVW-14に移りNKのレターをつけた時期に時々日本にも飛来している。

S-3Aバイキングの白い大きな尾翼に赤いグリフィンがよく映えたが、私は、その頃撮影のチャンスにほとんど恵まれなかった。1980年の初頭には、確か三沢のオープンハウスにも展示されている。一時期 同飛行隊にはUS-3Aが配備され 1977年の5月に厚木に飛来したので この時は撮影の機会に恵まれた。次に 彼らに出会ったのは、1999年7月USSコンステレーションに搭載されて 横須賀に寄港した際で 甲板が一般公開した7月23日である。最初にS-3を受領したときと同じNEのレターをつけていた。(2002/6 記)
VS-38 NE-700の尾翼に書き込まれている
AGM-84ハープーンを投げるグリフィン。それまでの対潜任務中心から洋上哨戒と対艦攻撃任務への移行を表しているマークだ。  
 
Dear LTjg Casey Batchelor .........Thank you to your check my homepage!
Tail Marking of S-3B(#700) 1999
US-3A (NK-712)
S-3A (NK-704)
S-3B (NE-700)
S-3B (NE-707)
S-3B (NE-701)
HOME