Wings
26th TFTS (T-38A/F-5E)
Page-U
フィリピン・クラークを本拠とする26th TFTS(26th AS)は、1980年代中期に日本本土の航空祭にも参加するようになり 嘉手納まで行かずして目の前に置かれたF-5Eを楽しむことが出来るようになった。このページでは、三沢 横田 入間などに展示されたF-5Eの姿を中心に紹介したい。

 当時ソ連軍で最も数の多かったMig-21との空戦訓練をシュミレートするため、本来は海外向け専用の小型戦闘機として作られたF-5Eを米空軍が本格的に訓練に使うようになったわけであるが、F-4などの大型戦闘機に比べガタイが小さくレーダーに映る反射像も小さいのと、エンジンの排気ガスがほとんど無煙で空に黒い航跡を残さない為、シュミレートする相手としては中々手ごわい相手であったそうだ。ただし 強力なエンジンを積んだMig-21に比べ、F-5Eはそれほどパワーが無いこと、一度コックピットに座ったことがあるが、後方視界ゼロの上に(バックミラーで多少見えるが) 前方の視界もそれほど良くない。ベテランでないとこの機体で強敵を演出するのは、結構大変である。 
(75-0615)
(74-1575)

1980年代半ばになると、アグレッサーの本拠地であるネリスもそうであるが、塗装パターンが多種多様に変化して、マーキングのパターンも数えきれないくらい多くなっていった。26thTFTSについても 上の写真でお分かりの通りブルー系迷彩のパッチーズと呼ばれる塗装であった2機のF-5E(74-01574,74-01575が、ニュータイプの迷彩に変わり、リザードの74-01561は、タンがライトブルーに変わって 色変わりしたトカゲとなっていた。74-01562だけが、オリジナルのリザード(トカゲ)迷彩である。銀色系のシルバー・スキームは、機首番号26番(72-1389)が隊長機に指定され、72-1388、75-0615の3機。3色迷彩のスネーク迷彩であった75-0612,75-0613は、白や茶系の色が加わり訳のわからないような迷彩になっていた。グレー系迷彩は、従来の75-0616と75-0617に加え シルバーだった75-0614がグレーに変わったとされ、全部で12機の勢力である。

↑ 1980年代初めごろ26th ASの司令官気に指定された機体で、機首にはっきりと司令官機です・・と歌った機体。写真と資料を見ると、その書き方も変化しており、一部推測も入るが、1983年では機首の上部は、黒色で塗られ左側面の”26”の文字はレードーム側に寄せられて 恐らく”AGGRESSOR COMMANDER”お文字は、”26”の右手に書かれていたはずである。それが1984年に韓国で撮影された機体では、左側面機種は”26”の右手に”TFTAS COMMANDER”と書き換えられていた。この74-1389は、他の5機と共に1988年にタイ空軍に移管され、711/701飛行隊に配属になったとある。但し 74-1089は部品取りとして保管され飛行していない。

(74-1574)

↑ ページでご紹介したリザードの61番、1983年にはミディアム・ブルーとチャコールの2色迷彩に塗り替えられた。イラストは、1983年クラークで確認された2色の新リザード迷彩の機体である。その後 この機体は、ベトナム迷彩をを施され、機首にシャークマウスを入れた有名な塗装となるが、これは、下段でご紹介する。この機体もタイ空軍に売却されて 部品取として保管されたとある。

↑ スネーク迷彩であった”13”番(75-0613)は、グリーン系2色とタンを加えたベトナム迷彩のような塗装とされたが、この迷彩にパターンは、アメリカ本国での呼称”フロッガー・スキーム”に近いもので 色は多種の組み合わせが存在した。1985年に嘉手納に飛来した際は、さらに迷彩パターンを変え、ダークグリーンの部分は、カーキ色が加わった複雑な迷彩になっていた。国籍マークが省略されてしまっている。

↑ リザード・スキームから何度か塗装を変え、ついにはベトナム空軍迷彩にシャークマウス付の塗装となった。

NEXT
click here
HOME
↓下は、1985年10月6日 三沢での撮影。
上は、入間の航空祭を後にし帰還するF-5E、全体のブルー迷彩のスキームが分かる写真であるが、下写真のF-5Eのブルー・スキームとも明らかに異なるのがお分かりでしょう。当初パッチーズといわれた迷彩も 配色の異なるブルー系の塗装が多くになるにつ 呼び名が変わっている。この機体のように 3色迷彩の内中間のブルーが紫色になって多くの面積を占めているものは、グレープ・スキームとも呼ばれていた。国籍マークもロービジタイプである。
ブルー・スキームは、機体下面もライトブルー色で上面3色と異なる為、厳密に言えば4色の青系塗料でペイントされている。下は同じ機体で三沢に展示されたもの。右側面と左側面では、配色の割合が大きく異なるのがお分かりでしょう。また センタータンクや翼端のミサイルがないと、よりスマートさが際立つ。
↑ 1985年11月の入間航空祭に参加した26th TFTSのF-5E。丁度 私の妻が出産を終えてまだ入院している中、F-5が参加することを聞いて 妻には申し訳なくも入間に向かった思い出がある。したがって、この写真は、私の娘と同じ時期に生まれたものである。いつも 多くの人で賑わう入間ではあるが こんな目面しい機体が参加したこともあって、機体の回りは人垣が出来ていた。しかし マニア以外でこの機体に注目した人がどのくらいいるかは分からない。フィリピン・クラーク空軍基地からの珍客であるが、配備から8年目を向かえ、当初の塗装からずいぶんお色直しがされている。
ショー展示を終え、入間基地を離れるため離陸の準備をする2機のF-5E。手前、シルバースキームの15番であるが、どうしてシルバーかと言えば、当時 ソ連を代表する東側世界の戦闘機の代表がMig-21フィッシュベット(NATOコード名だったからだ)、この機体はほとんどジュラルミン生地の無塗装か薄いグレー色であったためそれを模倣したもので、機首のナンバーの書き方もそれらしく書き込まれている。当時、26ASに所属したシルバーのF-5Eはこの75-0615と75-0614(前頁 嘉手納タキシングの4機の先頭)の2機である。