35FW
The Peiod of 2000〜2006
NEXT
click here
2003年3月に三沢には、航空自衛隊の初の実戦F-2部隊 第3飛行隊が編成を完了した。後のF-2Aの海洋迷彩の基本となったF-4EJの海洋迷彩が第8飛行隊で実験的に使用が開始され 第35戦闘航空団では同年10月三沢の14th FSの尾翼にサムライ・マークが入り始めた。まずは、90-0806、そして90-0816が確認されている。2003年三沢基地は話題の多い年であった。後に所属機全機に記入されるパンサーとサムライのマーキングは、2002年の初頭に司令官機(92-3901)に記入されていたものと同じもので、マーキングの転換点となるものであった。また 13th FSのインシグニアの新バージョンが出てきたのが2003年頃である。
13th FS new insignia
(2006)
(2004)
(2003)
(2006)
従来エンジンのインテイクに書かれていた部隊インシグニアは、其々尾翼にリアルな絵柄で記入されるようになった。
上写真”WW-886”は、黄色のフィンチップなので14th FS所属となっている事が分かる。このWW-886(92-3886)は、2012年7月22日レッドフラッグ参加の為,、アラスカに向かう途中でエンジン不調で墜落失われた。尚、パイロットは幸いなことに無事であった。
HOME
Wings