The Period of F-16C/D
展示された 第35戦闘機中隊”パントンス”のF-16C (Sep.2019)
2019年9月横田基地の公開に久々に参加して、これまた久しく見なかった8th FWのF-16Cを撮影できた。35th FSのクルー達は、公式採用となった新しいデザインの"Pantons"のパッチをつけている。PACAFのパッチも含めベースカラーをライトグレーに統一してなかなか素敵である。(2019/9 記)
2019年9月横田で展示飛行したのはF-16Cブロック40H 70-0711。尾翼のチップは、第80戦闘機中隊”ヘッドハンターズ”の黄色、同じPACAFの18th FSから余剰の機体としてこの部隊に移管されたF-16で、2008年5月の岩国フレンドシップディにも展示されている。.
恐らく横田の公開日にこの飛行隊が展示飛行をしたのは初めてと思われるが 嬉しい事に短い時間であるが飛行を見せてくれた。パッケージポッドには、キムチ国とアメリカの友好を示すマーキング。パッケージ
タキシングを開始してすぐ観客に対しては、彼らの言う”スネークポーズ”でご挨拶。この日は、R/W18だったので、延々とタキシーウェイをバックして離陸した。外見では塗装に染みついた汚れなどでかなり年期が入っているのが感じられる。
Wings
展示機↑は、F-16C ブロック40Fの89-2055であった。2000年前後に第8戦闘航空団にムディーから移動してきた機体で、20年間変わらず朝鮮半島南部で頑張っている。
HOME